クリスマス 賛美歌紹介ウィーク Day2「羊はねむれり」

出演者
飛田紀代美
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 孤独や悲しみを覚えるとき
  • クリスマス

もっと詳しく見る

アップロード日
2023.12.19
カテゴリ
人物・人生
放送日
2023.12.19

いいね登録

     登録数:8

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。ナビゲーターの飛田紀代美です。今週はクリスマスの賛美歌とエピソードをご紹介しています。
今日お送りするのは「羊はねむれり」。日本人の作詞・作曲による作品で、海外でも歌われている数少ない賛美歌のひとつです。作曲者の鳥居忠五郎は1898年、北海道の牧師家庭に生まれました。妹が難病を患い、彼は小学校6年生の時から東京の親戚の家で過ごしますが、ろくな食事も与えられず、掃除、風呂焚きなどにこき使われる毎日でした。忠五郎の唯一の慰めは教会でした。彼はこの頃から、差別され、除け者にされながら苦しんで生きている人々を、慰め励ます賛美歌を作りたいと思っていたといいます。
忠五郎は東京芸術大学で声楽を学び、賛美歌集の編纂にも力を尽くしました。1940年、時は第二次世界大戦のさなか、青年たちのための賛美歌集を作ることになり、忠五郎は「羊はねむれり」の作曲を依頼されました。彼は歌詞を書いた紙をいつも持ち歩き、繰り返し読んでいたのですが、散歩の途中でメロディーが浮かび、一気に曲を書き上げたといわれています。染み入るような優しいメロディーをお聞きください。「羊はねむれり」KAY合唱団です。
♪「羊はねむれり」 歌:KAY合唱団

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ