若者墜落死事件

出演者
板倉邦雄
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 死や命について考えているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.09.15
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] 使徒の働き 20章
放送日
2020.09.15

いいね登録

     登録数:0

いいねリストを見る

世の光の時間です。いかがお過ごしですか、板倉邦雄です。今日は「若者墜落死事件」という題でお話ししましょう。ユテコという若者が、三階から落ちた事件です。使徒の働き20章の続きです。
 さてパウロは、先発隊の人々とトロアスで会いました。そこで七日間滞在します。そしてパウロが、翌日、トロアスの港から出発という日です。週の初めの日の日曜日です。神様を礼拝し、キリストの定めたパンをさき、杯を飲む聖餐式、すなわち、主の聖晩餐を守るために信徒たちは集まりました。仕事を終えて信徒たちは夕食をし、夕食後にイエス様の制定された主の晩餐を守ったのです。主の晩餐の後、パウロは明日出発することにしていたので、人々と語り合い、夜中まで語り続けました。
 集会は、三階の屋上の間で開かれていました。ユテコという若者が、窓に腰掛けてパウロの話を聞いていました。ところが、パウロの話が長々と続くので、ひどく眠気がさしてきました。昼間の仕事の疲れがどっと出たのでしょう。とうとうぐっすり寝入ってしまい、三階から下に落ちてしまいました。急いで下に降りていって、若者を抱き起こしてみましたが、もう死んでいました。同行者の中に、医者のルカがいましたから、死んだことは確かです。
 そこへパウロが三階から降りてきて、若者の上に身をかがめ、彼を抱き上げて、「騒ぐことはない。まだ命がある」といいますと、若者は息を吹き返して生き返りました。そしてまた三階へ上がって行き、主の晩餐をしてから明け方まで、パウロは人々と語り合って、トロアスから船で出発しました。人々は生き返った若者を連れ帰り、ひとかたならず慰められたのです。
 神様を礼拝している最中に、若者が三階から墜落して死んでしまうという悲劇が起こりました。このような出来事は、現実に起こります。そのようなとき、私たちはその現実と事実をどのように受け止めたらいいのでしょうか。同じ墜落しても、助かる人と助からない人がいます。その分かれ目は何なのか私たちにはわかりません。天の神様の慰めがありますように、祈らせていただくだけです。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ