ルカの福音書6-彼らではなく、わたしたち

出演者
大嶋重徳
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.01.09
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ルカの福音書 章
放送日
2020.01.09
 世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか、大嶋重?です。ルカの福音書をご一緒に読んでいきたいと思います。
 ルカ福音書を書いたルカはパウルの弟子で、ルカが書いた使徒の働きの中で、幻を見ます。マケドニア人が、マケドニアに来て欲しいと叫ぶ姿が記されています。このマケドニア人の叫びが、ルカではないかと推測されています。実は、使徒の働きを読むと、主語が、「彼らパウロ」となっているところと、「私たち」と記されている箇所があります。つまり、書き手のルカがその場所にいて、いっしょに体験をしていることとなります。この変化の原因は、ルカ自身がこの旅の道中に加わったタイミングではないかと指摘されるのです。マケドニア出身のルカが、トロアスの港あたりで信仰を持った。そして、どうかマケドニアにも来て下さいと言った後、ルカはパウロ一行といっしょにパウルと共に船に乗り込んだのではないか。そして、「私たちは」とルカが語り始める。ルカは自分のことを何一つ記しませんでしたが、ただここで一人のマケドニア出身の男に、自分の姿を託したのではないかという想像は当たっているように思います。
 私たちにも、彼らとはいえない大切な存在がいます。「彼らがね」という場合、そこにはある距離があります。しかし、「私たち」という響きには、いっしょにいる人たちを、人ごとだとは考えられない近い距離感があることがわかります。ルカにとって自分の故郷、それはとても「彼ら」などいえない家族がいたでしょう。友だちがいたでしょう。その人たちに、どうしても伝えたいイエス・キリストとの出会いがありました。
 私は今、埼玉県の川口市の教会で牧師をしています。ここに教会が生まれるようにと願った、教会草創期の方々がおられました。ルカはマケドニアに来てくれたパウロ一行とともに、故郷にイエス・キリストを伝えた後、同じように、自分の故郷に伝えたいと願う人たちがいることを思った時、医者を辞めて、その人たちにイエス・キリストを伝えていきたいと願ったのです。
 この番組もまたそうです。教会にそう来ることのできない方々がおられる。ラジオだったら聴くことができるという方々に、イエス・キリストのことを紹介したいと願う人たちが起こされました。日本にいる人たちを決して、「彼ら」などとはいえない、私たち日本人と日本語でイエス・キリストのことを伝えたいと願って、今もラジオ番組「世の光」をお届けしています。
 ぜひ、あなたもこの私たちに加わって下さいませんか。一人でも多くの方に、このキリストとの出会いを体験していただきたいのです。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ