あなたは世の光です

出演者
関根弘興
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • クリスマス・イースター

もっと詳しく見る

アップロード日
2019.12.20
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] エペソ人への手紙 5章8節
[新約聖書] コリント人への手紙第二 3章18節
放送日
2019.12.20
世の光の時間です。お元気でお過ごしでしょうか、関根弘興です。イエス・キリストは「私は世の光です」と言われました。それは「この世はイエス・キリストがいなければ暗闇のままだ」という大胆な宣言の言葉なんですね。?そして、イエス様は続けて「わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。」と言われたんです。
 新約聖書の後半の手紙をたくさん書いたパウロは、エペソ人への手紙5章8節で、「あなたがたは、以前は闇(やみ)でしたが、今は、主にあって、光となりました。光の子どもとして歩みなさい。」と記しています。
 これは、パウロ自身の姿でもあったように思います。彼の人生は、以前はクリスチャンを迫害し、喜びも平安もない、それこそ「暗闇の中」にいるような人生でした。しかし、「今は主にあって光となりました。」と記しているんですね。イエス・キリストの光に照らされ、今度はその光を周りに輝かせる「世の光」となったというのです。
 でも誤解しないで下さい。私たちは自分の内側から、自分の力で光を発することなどできません。ただ、キリストのすばらしい栄光を反射させて、輝くことのできるものに変えられていくというのです。
 反射望遠鏡をご存じですか。その中には磨かれた鏡が入っていますよね。その鏡に映し出されたものを拡大していくわけです。ですから、鏡がどれほど磨かれているかが、その望遠鏡の良し悪しを決めるわけです。
 聖書にはすばらしい言葉が記されています。第二コリント人への手紙3章18節
「私たちはみな、覆いを取り除けられた顔に、鏡のように主の栄光を映しつつ、栄光から栄光へと、主と同じかたちに姿を変えられていきます。これはまさに、御霊なる主の働きによるのです。」
 私たちは、鏡のように主の栄光を反映させながら、生きていくことができるんですよと言うんです。ですから、どうして自己卑下することがありましょう。どうして、人と比べて落ち込む必要があるでしょう。私たち一人ひとりは、すばらしい救い主イエス様の栄光を反射する鏡なんです。そして、私たちのうちに住んで下さる聖霊の働きによって、私たちは主と同じ栄光の姿に変えられていくと約束されています。なんとすばらしい約束でしょう。
 このクリスマス、あなたの暗闇を、そして虚しさを照らすイエス・キリストを信じ、ぜひ歩んでいって下さい。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ