主が求めておられること

出演者
羽鳥頼和
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • クリスマス・イースター

もっと詳しく見る

アップロード日
2019.12.14
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] ミカ書 4章3節
[旧約聖書] ミカ書 5章2節
[旧約聖書] ミカ書 6章8節
放送日
2019.12.14
世の光の時間です。羽鳥頼和です。今週は「わたしは世の光です」というテーマでお話ししています。
 イエスは、このように言われました。「わたしは世の光です。わたしに従う者は、決して闇の中を歩むことがなく、いのちの光を持ちます。」
 闇の中とは、人の生きるこの世の状態をさしている言葉です。今の世の中の闇とは何でしょうか。私が一番に思うのは戦争です。二十世紀は「戦争の世紀」と言われました。二十一世紀になっても戦争は絶えません。神は、戦争の絶えないこの世界について、神がなさることを約束しておられます。
 今日は、旧約聖書のミカ書の神からのメッセージを聞きたいと思います。
「主は多くの民族の間をさばき、遠く離れた強い国々に判決を下す。彼らはその剣を鋤に、その槍を鎌に打ち直す。国は国に向かって剣を上げず、もう戦うことを学ばない。」ミカ書 4章3節
 神は、世界をさばき、戦いをなくされ、平和な世界を築いて下さいます。どのようにしてこの約束は果たされるのか。神は、こう語っておられます。
「ベツレヘム・エフラテよ、あなたはユダの氏族の中で、あまりにも小さい。だが、あなたからわたしのためにイスラエルを治める者が出る。その出現は昔から、永遠の昔から定まっている。」ミカ書 5章2節
 これは、ベツレヘムから出てくるお方が、世界に平和をもたらすという預言です。この方こそ、今から二千年前に、ベツレヘムでお生まれになったイエス・キリストです。このイエス・キリストによって、神の救いが実現するのです。そして神が、救われた人に求められることが語られています。
「主はあなたに告げられた。人よ、何が良いことなのか、主があなたに何を求めておられるのかを。それは、ただ公正を行い、誠実を愛し、へりくだって、あなたの神とともに歩むことではないか。」ミカ書 6章8節
 イエス・キリストの誕生を祝うクリスマスのこの時、神と共に歩み、正しいことを行い、誠実を愛しましょう。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ