人生に落胆していませんか?

出演者
阿部頼義
制作
PBA 太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 元気をもらいたいとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2024.05.25
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 詩篇 23篇6節
放送日
2024.05.25

いいね登録

     登録数:9

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。神奈川県海老名市にあるグレースガーデンチャーチの牧師、阿部頼義です。今週は、聖書の詩篇からメッセージをお届けしています。今日はまず旧約聖書詩篇23編6節をお読みします。

「まことに 私のいのちの日の限り いつくしみと恵みが 私を追って来るでしょう。
私はいつまでも 主の家に住まいます。」

この詩篇23編は、聖書の中でも特に有名で、世界中で愛されていることばの一つです。なぜなら、どんなに辛いことがあっても、イエス・キリストが羊飼いのように、私たちを守り導いてくださるという信仰が表されているからです。
今日、ご紹介することばは、この詩の最後の部分です。そこには「主の家に住まいます」という表現があります。これは神様が招いてくださる場所で、その恵みをいただくという意味があります。つまり、神様がおられるところにこそ、本当の祝福があるんだという信仰を表しているのです。
この詩の作者とされるダビデは古代イスラエルの王様として、立派な宮殿に住んでいました。しかし、彼は自分の家には本当の平安を見出すことができなかったのです。彼の人生は一見すると成功したかのように見えましたが、実際は多くの失敗をし、落胆することがあったのです。時には、実の息子に王座を狙われ、家から追われ、逃避行をしなければいけないこともありました。
しかし、ダビデはそのように、家から追われるという挫折と落胆の中で、大切なことに気づきました。どんなに成功し、素晴らしい家に住むよりも、神様がともにいてくださることを知る方が自分の心を満たすということでした。だから、神の家に住み、神とともに生きて行きたいと願ったのです。
皆さんは、人生に落胆することはありますか?長い人生の中では、願いがかなえられなかったり、自信を失ったりするようなことがあるかも知れません。
しかし、神様は、あなたが欲しいと願うものを与えることはないかもしれませんが、あなたに必要なものを与えてくださる恵み深い方なのです。皆さんも、神様に信頼し、神様の恵みが溢れる家に住んでみませんか?

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ