神の愛

出演者
関根弘興
制作
PBA 太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 孤独や悲しみを覚えるとき
  • 一歩踏み出したいとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2022.09.05
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ヨハネの福音書 3章16節
放送日
2022.09.05

いいね登録

     登録数:8

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。お元気でお過ごしでしょうか。関根弘興です。今日は、聖書中の聖書と言われるほど有名なことばを紹介いたします。
ヨハネの福音書3章16節「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」
「神は世を愛された」と書かれていますね。「世」とは、いったい誰のことでしょう。それは、私たち一人一人のことなのです。ですから、「世」ということばをあなたの名前に置き換えて言ってみたら良いと思うのですね。「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに、関根弘興を愛された。」といった具合です。
それでは、神様の愛とは一体どんな愛なのでしょう。それは、「神はそのひとり子をお与えになるほどに」と書かれているように、最も大切なものをあなたに差し出すほどの愛だというのです。
そして、ここに記されている「神のひとり子」とは、イエス・キリストのことです。つまり、イエス・キリストが来てくださったのは、「あなたを愛している神様がいるからこそなのですよ」というのです。愛は、いつもあなたの最善のために具体的な行動というものが伴います。イエス・キリストは、あなたのために、それもあなたの罪をすべて背負って、十字架で身代わりに、いのちを捨てるために来てくださいました。あなたのためにいのちを捨てるほどの大きな愛に、あなたは愛されているのですね。
私は高校一年生の夏、教会が主催した高校生バイブルキャンプに出かけました。そこで、牧師が篤く語ってくれました。「イエス様はあなたの罪を背負って身代わりにいのちをお捨てになったのです。あなたのために、あなたのために…」とひとりひとりを指さしながら語ってくれました。私は、少ししらけてしまって、「俺はそんなこと頼んでないし、あなたのために十字架についてくださった、と言われても2000年も前の出来事がどうして私と関係があるのか」とピンときませんでした。
しかし、そのとき「私は人のためにいのちを捨てることができるだろうか。決してできないな。でも、イエス・キリストは私のために、それもイエス様に反発していた私のためにいのちを捨ててくださったとするなら、これが本当なら、この方を無視して生きることはとても卑怯なことだ」と思ったのです。
そして、私はイエス様を救い主として心に迎え入れる祈りをしました。私は十字架で身代わりにいのちを捨てるほどの大きな愛を知って、クリスチャンとしてのスタートを切ったのです。そして、イエス様が与える救いは永遠に失われることのないものなのですね。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ