神の平安が守ってくれる

出演者
山本陽一郎
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 疲れているとき
  • 不安や恐れを感じているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2022.07.28
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ピリピ人への手紙 4章6、7節
放送日
2022.07.28

いいね登録

     登録数:1

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか、山本陽一郎です。
時々、ご年配の方からこんな声をお聞きします。「前はもっとしっかりしていたつもりなんだけど、この年齢になって、なんだか不安になったりすることがあって……。しっかりしなくちゃと思うけど…。」私もやがてそういう経験をするかもしれません。もちろん若い人も、周りからは何も問題がないように見える人も、おそらくみんながそれぞれ、不安や思い煩いとの闘いを経験しているはずです。
今日は聖書のこのことばに心を留めましょう。
「何も思い煩わないで、あらゆる場合に、感謝をもってささげる祈りと願いによって、あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい。そうすれば、すべての理解を超えた神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれます。」(ピリピ人への手紙4章6~7節)
「あなたがたの願い事を神に知っていただきなさい」とありますね。「神の平安が守ってくれる」とありますね。神様を知らないと、「私がしっかりしていなくちゃいけない」ということになります。でも、私がしっかりできなくなったら?そもそも、私たちはそんなに「しっかり者」なのでしょうか。立派でしょうか。
不安や思い煩いがあるなら、聖書のことばを思い出しましょう。神様がともにいてくださり、守ってくださいます。自分がしっかりできない時も、しっかりできなくなっても、絶望する必要はありません。神様に委ねていけるからです。これは本当に大きいことです。本物の「しっかり者」は、じつは神様だけだからです。
思い煩いで心がいっぱいになっている状態だと、物事をはっきりと見極めることができません。思い煩いは大抵、さらなる思い煩いを呼びます。
ですから、祈りましょう!私たちが祈るなら、それは確実に、確実に神様のもとに届いています。そして、「すべての理解を超えた神の平安が、あなたがたの心と思いをキリスト・イエスにあって守ってくれる」と約束されています。神様を信頼して、心にあることを正直に伝え、思い煩いではなく、神様の平安を心に満たしていただこうではありませんか。
今日一日あなたの心と思いを神様の平安が守ってくれますように。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ