水が破れ出るように破られた

出演者
福井誠
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 不安や恐れを感じているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2022.06.25
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] サムエル記第二 5章20節
放送日
2022.06.25

いいね登録

     登録数:0

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。いかがお過ごしでしょうか。福井誠です。「継続は力なり」日々聖書を手に取り、心の糧とするなら不思議にも自然に養われてくるものがあります。今日はサムエル記第二5章20節からです。「水が破れ出るように破られた」と題してメッセージをいたします。

「ダビデはそこで彼らを討って、『主は、水が破れ出るように、私の前で私の敵を破られた』と言った。それゆえ、その場所の名はバアル・ペラツィムと呼ばれた。」
ついに、イスラエルはダビデのもとに統一され、ダビデはイスラエルの王となりました。そこで、まずダビデがしたことはエルサレムに来て、シオンの要害を攻め取ったことです。戦略的な町エルサレムは、長くイスラエルの強敵エブス人が支配していました。ダビデは、まずこの強敵を追い払ったのです。こうして、エルサレムでの33年間のダビデ王の時代がスタートするのです。
聖書は、ダビデがますます大いなる者となったと言いますが、ダビデは、さらに新しい試練にさらされました。ペリシテ人が、ダビデの首を狙って集まってきたのです。王権が確立したばかりであるというのに、これを叩き潰そうとする、ペリシテの脅威がありました。
そこで、ダビデはまず主に祈るのです。そして、神はダビデに勝利を約束し、ダビデに勝利を与えられました。聖書の記者は、「主は、水が破れ出るように、私の前で私の敵を破られた」と言います。
そして、ダビデはそこをベアル・ペラツィムと呼びました。つまり、それは「突破の主」という意味です。確かに、突破口を開くのは、神ご自身でしょう。そして、ペリシテ人が再び攻めてくると、ダビデは再び神に祈り、神の作戦に従い、同じことは繰り返しませんでした。昨日の勝利は今日の勝利を保証するものではありません。ダビデは一瞬一瞬、神の知恵をいただき、日々神の力により頼みながら勝利を重ねたということです。
ここから、人生勝利の秘訣は、日々、一瞬一瞬、神に寄り頼むことにあると言うべきでしょう。神の力以外に、突破する道なしと思われるような時はなおさらです。ぜひ、聖書を読み続け、聖書に教えられながら、よき人生を歩ませていただきたいものです。では、今日もよき一日となるように祈ります。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ