世の罪を取り除く神の小羊

出演者
板倉邦雄
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 一歩踏み出したいとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2022.05.14
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ヨハネの福音書 1章29~31節
放送日
2022.05.14

いいね登録

     登録数:0

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか。板倉邦雄です。今日は「世の罪を取り除く神の小羊」という題でお話しいたしましょう。
今日は、「イエス・キリストとは何者か」という主題について、洗礼者ヨハネの口を通し学びたいと思います。ヨハネの福音書1章29節から31節です。
さて、当時の宗教指導者たちから質問攻めにあった翌日です。洗礼者ヨハネは、イエス様が自分のほうに来られるのを見て、自分に従ってくる人々に向かって、イエス様を紹介しました。「見よ、世の罪を取り除く神の小羊。」
そこで、今日は「イエスは何者であるか」ということで、イエス・キリストの使命(ミッション)について分かち合いたいのです。イエス様は世の罪を取り除くために来られた神の小羊でした。
世の罪とは、もちろん私たち人間の罪です。私たちの罪は3つあると聖書は語ります。まず、第一に法律を犯す罪があります。二番目に道徳的倫理的な罪があります。そして、三番目に宗教的な罪がありますね。
法律を犯す罪は明白です。殺人や盗み、偽証です。道徳的罪は嘘や不品行や親不孝や妬みや憎しみ等々でしょうか。そして、宗教的罪とは偶像崇拝の罪です。
聖書では、貪欲は偶像崇拝と言われています。金銭や財産、物質に対する貪欲は金銭や財産物質が私たちにとって神となってしまい、私たちを振りまわすことになります。私たちは命をかけるときがありますね。
イエス・キリストはこの世に生きる私たちの罪や悪を取り除くために来てくださいました。私たちはこの3つの罪の奴隷ではないでしょうか。法律や規則を破ります。道徳的な罪は毎日犯すでしょう。そして、目に見えるものに支配されているのです。神のひとり子イエス・キリストは私たちの罪と悪を取り除き、清め、罪の奴隷から私たちを解放し、自由にするためにこの世に来てくださったのです。そのために神の小羊になられました。イエス様が来られるまでは動物の小羊が私たちの罪の身代わりとなって死んで、血を流し、私たちの罪が赦されました。でも、今は神のひとり子が私たちの罪のために神の小羊となってくださったのです。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ