トラブル回避

出演者
山本陽一郎
コメント数
0
制作
PBA太平洋放送協会
タグ
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 人を許すことが出来ないとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.11.11
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 創世記 26章
[旧約聖書] 箴言 3章6節
放送日
2021.11.11
「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか、山本陽一郎です。
聖書の創世記にでてくるイサクは、多くの収穫、羊や牛の群れ、しもべを持つなど、主の祝福を受けました。しかし、イサクは何の苦労もなく生きたわけではありません。実は、人々からの嫌がらせも経験しているのです。
父アブラハムの時代に掘って以来、イサクたちが使ってきた井戸を、周りのペリシテ人たちは片っ端から土で塞ぎました。牧畜や農耕に欠かせない水を断つという卑劣な方法で、イサクの祝福をとどめようとしたのです。
なぜか。妬みからだと、創世記26章に書かれています。自分に無いものを持っている相手に嫌がらせをすることで、自分のやりきれない気持ちを穴埋めしようとするわけですね。
土地を追い出されたイサクたちは、ゲラルの谷間に移り住みました。彼はそこで、父の時代に掘られて、その死後にペリシテ人が塞いだ井戸を再び掘り返しました。さらに、新しい湧き水の井戸を、しもべたちが見つけました。ここでまた言いがかりをつけられてイサクは移住しますが、そこでもさらに、新しい井戸を掘り当てます。結局、周囲の人々も、「主があなたとともにおられる」と認めざるを得なくなりました。
アイルランドの古いことわざに、「泣くな。復讐しろ。」というものがあります。このことばには続きがあります。「最高の復讐は、幸せな人生を送ることだ。」
イサクは嫌がらせを受けたとき、単に逃げたのではないし、「何とかなるさ」と口笛でも吹いて他所へ移ったのでもありません。状況はつらく厳しい。けれども、イサクは自分とともにいてくださる神を信頼していました。彼がある意味、人との勝ち負けにこだわらなかったのは、神がきっと祝福を与えてくださるという確信を持っていたからでした。
「あなたの行く道すべてにおいて、主を知れ。主があなたの進む道をまっすぐにされる。」旧約聖書 箴言3章6節のことばです。
主に信頼する者は必ず守られ、平安と祝福を与えられる。この変わらない約束に立って、私たちも歩んでいきたいものです。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ