悩みの時の真の慰め

出演者
岩井基雄
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 疲れているとき
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 孤独や悲しみを覚えるとき
  • 眠れないとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.10.04
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 詩篇 119篇48、50節
放送日
2021.10.04

いいね登録

     登録数:0

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。お元気ですか、岩井基雄です。今日は、詩篇119篇の4回目として、悩みのときの真の慰めに心をとめてみましょう。

人生には様々な悩みがあり、私たちはそのなかで慰めを求めますね。ひと時の表面的な慰めでも嬉しいのですが、悩みに寄り添う真実な慰めは、私たちの心の深みに豊かな潤いを与えます。しかも、心の痛みが深ければ深いほど、真の慰めのことばは深く響き、生きる力を与えるのです。

この詩篇の作者は、高ぶる者からの嘲りを受けていたようです。その深い悩みの中で、彼は神に心を向け、神のことばを待ち望み、こう歌います。「私は 愛するあなたの仰せを求めて両手を上げ あなたのおきてに思いを潜めます。」「これこそ悩みのときの私の慰め。まことに あなたのみことばは私を生かします。」旧約聖書 詩篇119篇48節、50節。

聖書が語る神様に信頼し、神の愛を受けていた作者は、人の嘲りを受け続ける中で、神からの真の慰めを求めます。この作者は、自分の悩みを人ではなく神に語り、人からよりも神からの慰めを求め、神のことばに飢え渇いていたのです。彼は、悩みのときの真の慰めは神の仰せ、神のおきて、すなわち神のみことばだと告白し、神のことばこそ自分自身を生かすものだと告白しているのです。

白血病を患った、ある女性水泳選手が自分のブログの中で、「神は耐えられない試練を人に与えない」とのことばに励まされ、慰められたことを記していました。そのことばが、新約聖書のあることばだとは知らなかったかもしれませんが、彼女はその神のことばから慰めと力を受け、あきらめることなく努力を重ね、素晴らしい復活を遂げているのです。

神のことばは、痛みを通る人々に真の慰めと励ましを与え、生きる力と命を豊かに与えるのです。さきの詩篇の作者は、続く54節でこう祈ります。「あなたのおきては 私の旅の家で 私の歌となりました。」人生の旅を歩む中で神のことば、神のおきてが私の歌となる、この作者は心から神に信頼し、力と慰めを得て歩む人生の祝福を歌っています。あなたも真の慰めと力を神のことばから受けて、力ある人生を歩んで行きませんか。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ