新しい旅へ-出発信仰!

出演者
原田憲夫
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 疲れているとき
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 孤独や悲しみを覚えるとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.05.31
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ヨハネの福音書 8章12節
放送日
2021.05.31
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか。原田憲夫です。今日からしばらく、「世の光」70周年記念特別番組をお届けします。それで今日は、私の人生の新しい旅立ちとなった「世の光」との出会いをお話ししたいと思います。
 今から半世紀前、1970年、当時の社会は、日米安全保障条約をめぐって混乱していました。その年の5月、私は御茶ノ水駅で偶然、手渡されたチラシから、全く予想してなかったキリスト教の講演会に行きました。
 「新しい皮袋」という、妙なことばだけが耳に残ったまま、その会場を出たところで、見知らぬ一人の大学生、K君に呼び止められました。彼と喫茶店で議論した結果、私の終電がなくなり、彼の家に泊めてもらうことになりました。
 その夜、眠りに落ちてく枕元で、「おはようございます。羽鳥明です。」という優しい声が聞こえました。それが私とラジオ番組「世の光」との初めての出会いでした。
 6月、社会変革を求めてデモに参加しましたが、何も変わりませんでした。ただ、私の心の中は散乱したビニール袋のように、すべてが無意味に思われました。
 7月、あのK君に誘われ、羽鳥明と人が講師だという、「世の光サマーキャンプ」に参加しました。キャンプの主題は「力ある人生」、それを妨げる私たち人間の根底にある罪、神の愛、キリストの十字架、全く初めて聞く話でした。と同時に、正義や平和を叫びながら、憎しみで埋まった汚い心、偽善。私の心の内が全部見透かされていました。
 そんな心の闇を、自分の力では吐き出すことはできない。そう心に迫られた時、「わたしは、世の光です。わたしに従う者は、決してやみの中を歩むことがなく、いのちの光を持つのです。」と招くキリストの声が、私の渇いていたたましいに染み込んできたのです。
 「信じます。」涙と鼻水とが、ノートをぬらした19歳の夏。これが私と、世の光、イエス・キリストとの出会いであり、新しい旅へ、出発信仰の時となりました。あの日、私を闇から光へと導き出してくれた世の光、キリストは、今日、あなたを光の中へと招いておられます。あなたもぜひ、新しい旅へと歩き出してください。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ