「主の宮が建つ所」

出演者
羽鳥頼和
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 不安や恐れを感じているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.05.26
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 歴代誌第一 21章
放送日
2021.05.26
 「世の光」の時間です。お聴きくださりありがとうございます。羽鳥頼和です。
 昨日は、ダビデ王が罪を犯した事によって、神がダビデ王の罪に対するわざわいとして、人々を疫病で打たれたこと。それでダビデが、自分の罪を認め、悔い改めて、民を打つことを留めてくださいと、神に願ったことをお話ししました。今日は、その続きです。
 ダビデの悔い改めの言葉を聞かれた神は、「オルナンの打ち場に、祭壇を築きなさい。」と命じられました。打ち場とは、収穫した穀物を脱穀する場所です。そして祭壇とは、神にささげ物を献げる所です。オルナンという人が持っている打ち場に祭壇を建てるように、神はダビデに命じられたのです。
 ダビデは、神に言われたとおりにしました。オルナンに十分な代金を払い、そこを買い取り、そこに祭壇を築き、そこで全焼のささげ物と交わりのいけにえを神に献げました。ダビデが神に祈ると、神は、祭壇の全焼のささげ物に天から火を下し、疫病で民を打つことをやめられました。
 ダビデは、神が祈りにこたえて、疫病を収束して下さったことを見て、そこで再び神にいけにえを献げました。このように、オルナンの打ち場は、神が選ばれ、神がダビデとイスラエルに与えられた聖なる場所です。ダビデはこの出来事を通して、神の裁きの厳しさと神のあわれみを教えられました。
 さてこの頃、神が定められた神の幕屋と祭壇は、ギブオンにありました。しかし、神を恐れたダビデは、ギブオンの祭壇に出て行くことができないでいました。このオルナンの打ち場は、神が祭壇を築くようにと定められた場所でした。
 ですからこの後、ダビデは、この神の裁きとあわれみが現されたこの場所に、神を礼拝する神殿を建設するように導かれるのです。明日は、神殿建設の準備をするダビデについて、旧約聖書の歴代誌からお話しします。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ