よくなりたいか

出演者
福井誠
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 疲れているとき
  • 孤独や悲しみを覚えるとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.03.23
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ヨハネの福音書 5章5,6節
放送日
2021.03.23
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしでしょうか、福井誠です。「継続は力なり」聖書を一日一日と読み進むなら、不思議にも自然に養われるものがあります。今日も聖書を開いてまいりましょう。今日はヨハネの福音書5章5節、6節から「良くなりたいか」と題してメッセージをお伝えいたします。
 「そこに、三十八年も病気にかかっている人がいた。イエスは彼が横になっているのを見て、すでに長い間そうしていることを知ると、彼に言われた。『良くなりたいか。』」
 今日、エルサレムの旧市街を歩くと、この舞台となったベテスダの池の跡地を見ることができます。そこには、当時の面影はほとんどありませんが、大きな二つの池があって、その池を囲むように五つの回廊があったとされています。そして池には、神のあわれみによって病気がいやされるという迷信がありました。「ベテスダ」は、アラム語で「あわれみの家」です。つまり当時人々は、その迷信を信じて、ほとんど、その回廊に住みつくような状態であったのでしょう。
 こうして、38年も病気で苦しんでいた男も、長いことそこに伏せていたようですね。彼は、神のあわれみがあることを期待しながらも、もうほとんどあきらめかけていました。そこにイエスが訪れるのです。そしてもはや、神に真剣に求めることを忘れていたこの男に、イエスは「良くなりたいか」とストレートにたずねられます。
 イエスの意図は明らかです。神のあわれみ以外に頼るものがなくてここに来たのに、どうしてここであきらめてしまうのか。良くなりたいのだったら信仰を働かせなさいということでしょう。
 しかしながら、38年も、長く曲がっていたものをまっすぐにすることなど、まず不可能なことです。他方、そのように不可能な現実に直面しながらも、人間には諦められない気持ちがあるのも事実です。だったら、あきらめてはならないというのがイエスの語るところでしょうか。神は生きておられるのですから、あきらめずに神のあわれみを求めるならば、なにがしかの応答はして下さるはずなのです。神のあわれみの深さを小さく考えてはなりません。天を仰ぎ、神に期待して日々歩みたいものですね。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ