聞き入っていたマリア

出演者
山本陽一郎
コメント数
0
制作
タグ
  • 疲れているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.03.04
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ルカの福音書 10章41,42節
放送日
2021.03.04
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか。山本陽一郎です。聖書には、人々のドラマがたくさん詰まっています。昨日に続いてマルタ、マリアの姉妹を見てみましょう。
 イエスの訪問を受けて、マルタが忙しく接待している時、マリアはイエスの足もとに座って話に聞き入っていました。マルタは、なぜマリアは手伝わないのかと苛立ち、イエスに不満を言います。しかし、イエスはこうおっしゃったのでした。「マルタ、マルタ、あなたはいろいろなことを思い煩って、心を乱しています。しかし、必要なことは一つだけです。マリアはその良いほうを選びました。それが彼女から取り上げられることはありません。」ルカの福音書10章41節、42節
 イエスは、どういう意味でこうおっしゃったのでしょうか。まず、接待は大事ではないということではありません。もしそうなら、イエスはマルタにも座って聞くようにすすめたはずです。それに、私たちが普段しているさまざまな働きの大切さも、そして大変さも、イエスはよくご存じです。でも、この時マルタは、イエスを接待していながらイエスを喜ぶ心をなくしてしまっていました。大事な点を見失ってしまっていたのです。
 ある意味、現代社会の関心はマルタのように動くことなのかもしれません。行動し、結果が求められ、責任を果たせと言われ、評価されます。望んでも望まなくても。一方で、それができないこともあります。動けない自分がつらくて、悲しみを抱えている人もいます。けれども、動くことだけが何より大切なのではないはずです。
 この時、マリアは、イエスの語ることばを心から聞きたかったのです。みことばを求めていました。実はそれこそ、マリアの接待だったのだとも言えるでしょう。イエスを喜び、イエスと交わり、神の愛を受け取ること、それが、彼女にとって何よりも必要なことだったのです。そして、聖書は私たちにも語りかけます。「それはあなたにとっても、どうしても必要なことなのですよ」と。私たちもイエスと交わり、心の充電をして、主とともに、今日一日を過ごしていきましょう。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ