おもてなしのマルタ

出演者
山本陽一郎
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 疲れているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.03.03
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ルカの福音書 10章38-42節
放送日
2021.03.03
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか。山本陽一郎です。聖書には、人々のドラマがたくさん詰まっています。今日と明日は、マルタ、マリアの姉妹を見てみましょう。イエスは伝道の合間に、時々、彼女たちの家を訪れたようです。ルカの福音書10章38節からを読みましょう。
 「さて、一行が進んで行くうちに、イエスはある村に入られた。すると、マルタという女の人がイエスを家に迎え入れた。彼女にはマリアという姉妹がいたが、主の足もとに座って、主のことばに聞き入っていた。ところが、マルタはいろいろなもてなしのために心が落ち着かず、みもとに来て言った。『主よ。私の姉妹が私だけにもてなしをさせているのを、何ともお思いにならないのですか。私の手伝いをするように、おっしゃってください。』」
 この話を聞いて、「うーん。でもマルタの気持ちもなんだかわかるなぁ」という方もいらっしゃるでしょう。自分が一生懸命に働いているのに、全然協力してくれなくてイライラしてくる。これはなんというか、非常に身近な感じがします。でもマルタはそれが止まらなくなって、ついにはイエスにも不満をぶつけてしまいました。
 よく心を配ってくれるマルタがいる。だからこそ、イエスも弟子たちもこの家に来るとくつろげたのでしょう。でもこの時、イエスは言われました。
 「マルタ、マルタ、あなたはいろいろなことを思い煩って、心を乱しています。しかし、必要なことは一つだけです。マリアはその良いほうを選びました。それが彼女から取り上げられることはありません。」
 イエスは、マルタの行動を否定したのではありません。マリアをえこひいきしたのでもありません。マルタが、自分自身の姿に気づくようにと語りかけてくださったのです。マルタは、イエスの訪問を喜んでもてなしていました。でも途中から、それがどこかへ行ってしまった。人は忙しさやプレッシャー、他人との比較の中で、しばしばバランスを崩してしまいやすいものです。はじめの心、はじめの行いを見失わないように、自分自身の働きに、もう一度励んで行きましょう。イエスのまなざしは、あなたに注がれています。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ