権利を主張する

出演者
板倉邦雄
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.02.15
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] 使徒の働き 22章
放送日
2021.02.15
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか。板倉邦雄です。今日は「権利を主張する」という題でお話ししましょう。
 私たちは、一人の人間としての基本的人権を保障されています。しかし現実は、しばしば権力を恐れて、当然言うべきことを言わず、泣き寝入りしてしまうことがありますね。使徒の働き22章の続きです。
 さて、パウロの弁明は、途中、群衆の怒号によって終わってしまいました。「こんな男は地上から取り除いてしまえ。生かしておくべきではない。」と、人々は大声を張り上げ、わめき立てて、空中に自分たちの上着を投げ、地のちりをまき散らす始末でした。ローマの千人隊長は、部下にパウロを兵営に引き入れるようにと命じました。そして、どういうわけで、民衆がこの男に対してこんなにわめき立てているのかを確かめるため、パウロをむち打ちの拷問にかけ、取り調べるように言いわたしたのです。そして兵営に連れていかれたパウロは、むち打ちのために縛りあげられました。
 パウロは、そばに立っている百人隊長に言いました。「ローマの市民である私を、裁判もしないで、むち打っていいのですか。」百人隊長はびっくりして、千人隊長の所に飛んでいって報告しました。「どうしたらいいでしょうか、千人隊長様。あの人はローマの市民なのです。」そこで千人隊長は、パウロのところに来て言いました。「私に言ってくれ。あなたはローマの市民なのか。」「そうです。」「私はローマの市民権を、多額の金で買い取ったのだが。」パウロは答えました。「私は生まれながらローマ市民です。」それを聞くと千人隊長は、非常に恐れました。また、パウロを取り調べようとしていた人々も、直ちに身を引いたのです。
 さて、権力者は、同時に権威を持った者です。権威とは、その権力にふさわしい品格と尊敬できる資質があるものです。人を高めるために権威が与えられているのです。しかししばしば、権力者は、権力だけをもって人々を扱うようですね。そして人々は、権力を恐れ、自ら与えられている権利さえも主張できない現実があります。しかしパウロは、不当な扱いに対し、自ら与えられているローマ市民の権利を主張をいたしました。当然なことです。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ