ペテロの否認

出演者
関根弘興
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 不安や恐れを感じているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.09.11
カテゴリ
人物・人生
放送日
2020.09.11
 世の光の時間です。お元気でお過ごしでしょうか、関根弘興です。
 イエス様は、当時の宗教指導者たちのねたみによって捕えれてしまいました。すぐに、イエス様に対する審問が始まりました。その審問の様子を、弟子のペテロはこっそり眺めていました。するとそこにいた召使いの女が、「あなたもガリラヤ人イエスと一緒にいましたね。」と尋ねました。
 するとペテロは、「何を言っているのか、私にはわからない」と答えたのです。
 すると別の召使いの女が、「この人はナザレ人イエスと一緒でした。」と言い始めました。
 するとペテロは、それも打ち消して、「そんな人は知らない」こう言ったのです。
 しばらくすると、すぐ近くにいた人が、「確かに、あなたもあの仲間だ。ことばのなまりではっきり分かる」こういうふうに言ったのです。するとペテロは、「そんな人は知らない」と言って、なんとのろいをかけて誓い始めたのです。のろいをかけて誓うというのは、これはイエス様との絶縁宣言のようなもので、もう後戻りできないような非常に強い言葉でした。
 でもペテロは、どうしてこれほどまでに、むきになってイエス様を否定したのでしょう。自分も逮捕され、罰せられるのではないかと恐れていたからでしょうか。しかしこのとき、弟子たちに対する告発や逮捕の命令などは、どこにも出ていませんでした。それはおそらくペテロの心の奥底に、イエス様への失望や落胆の思いが生じていたからではないでしょうか。
 ペテロも、あのイスカリオテ ユダと同じく、イエス様の華々しい栄光の姿を思い描いていたのでしょう。イエス様が敵と戦って、大勝利を治めたあかつきには、イエス様と共に命を戦った私も、名誉と権力の座を得ることができる。そんなふうに期待していたのかもしれませんね。
 ところがイエス様は、あっさり逮捕され、敵対する人々のなすがままになっておられるのです。その姿を見て、ペテロの内面を支えていた何かが崩れ、恐怖に圧倒されてしまったのではないかと思います。
 結局ペテロは、イエス様を全否定してしまいました。ペテロにとってこの出来事は、人生最大の失敗となりました。しかし、この大きな失敗こそ、ペテロのこの後の生涯に必要な栄養となり、イエス様の愛のまなざしに多くの人を気づかせるそんな人になっていくんですね。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ