信じるということ 4-神があなたに願うこと

出演者
大嶋重徳
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • クリスマス・イースター

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.04.23
カテゴリ
人物・人生
放送日
2020.04.23
「世の光」の時間です。いかがお過ごしでしょうか、大嶋重?です。今月は、 イエス・キリストの復活されたイースターを過ごしています。
ヨハネ福音書には、イエス・キリストの復活を信じないというトマスという 人が出てきます。トマスは、「私は、その手に釘の跡を見、私の指を釘のところ に差し入れ、また私の手をそのわきに差し入れてみなければ、決して信じませ ん」と言った人でした。復活されたイエス様は、「信じない」と言ったトマスの 前に現れて、十字架に釘打たれた時の手を差し出して、トマスに言われました。
「あなたの指をここにつけて、わたしの手を見なさい。手を伸ばして、わた しのわきに差し入れなさい。信じない者にならないで、信じる者になりなさい。」
これは、信じられないトマスへの皮肉なのでしょうか。そうではないと思い ます。もしイエス様が皮肉を言うのであれば、「信じない」とトマスが言った瞬 間に現れて、皮肉を言われたでしょう。イエス様は、本当にトマスが手を入れ ようとしたら、入れさせて下さったと思います。
「トマス、あなたが信じるようになるためならば触りなさい。信じることが できるならば、あなたの指がわたしのこの手の平の穴に入れられて、もう一度 十字架のあの激痛が走ろうとも、私は構わない。トマス、それよりも信じる者 になって欲しい。」
イエス様は、神を信じない者が信じることができるために、ご自分の復活を 否定する弟子に対しても、神は神であることのプライドも捨てて言われるので す。「トマス、私が十字架にかかったのは、まさにあなたが信じることができる ためなのだ。」
トマスは、イエス様のへりくだる神の姿に出会ったとき、自分の目の前に差 し出された十字架の傷こそ、神を信じないままでいる私の罪のための傷だとい うことがよくわかったのです。目の前に差し出された、あの穴の開いた傷の中 に、自分自身の罪のための傷だということを発見するのです。
今朝もイエス様は私たちに、ご自分の傷跡を差し出しておられます。あなた が信じることができるためなら、十字架の痛みが今一度走ろうとも構わないと おっしゃいます。この十字架の愛を前にして、私たちもまた信じない者になら ないで、信じる者にさせていただきたいと思います。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ