これを愛せ

出演者
福井誠
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.03.18
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 箴言 4章6節
放送日
2020.03.18
「世の光」の時間です。いかがお過ごしでしょうか、福井誠です。「継続は力なり」聖書を一日 一日と読み進むなら、不思議にも自然に養われていくものがあるものですね。今日も聖書を開い てまいりましょう。箴言4章6節から「これを愛せ」と題してメッセージをお伝えいたします。 「知恵を捨てるな。これがあなたを守る。これを愛せ。これがあなたを保つ。」 今週は箴言に入っていますね。箴言は、神を信じる知恵者の格言集です。その格言の数は全部 で915あると言われます。ヨブ記は「苦難」、詩篇は「賛美」、伝道者の書は「虚しさ」、雅歌 は「愛」をテーマにしているのに対して、箴言は実践的な「知恵」がテーマで、人間の人生に必要 な格言集というわけですね。ですから、これはよく読んでおいた方が得です。 それで少しおおざっぱな流れを話しますと、1章?9章まで、「わが子よ」と、親がまるで子ど もに話しかけるような形式で、知恵を愛し、知恵に基づいて生きるようにという勧めになってい ます。そして10章以降が、具体的に知恵を解き明かすものとなっていますね。 ある家族社会学の調査で、親が子どもと話す事柄について、学校や勉強のことは話しても、社 会や人生についてはほとんど話さないという結果がありました。その調査はアメリカと日本の家 庭を比較して、日本の家庭では特にその傾向が強いとまとめています。 聖書が教える家族文化は、親が子どもに人生の生き方のコツを、諭し教えていくものだという ことでしょう。実際、子どもには、その成長段階において三様の関わり方が必要だと言われてい ます。子どもが幼少期のころは、子どもが親の愛情を十分受けられるように関わっていく、そし て子どもが学童期に入っていくと、社会の風を積極的に吹かせて社会性をもたせるように関わっ ていく、最後の青年期には、親が自らの生き方の範を示して、子育てから、人間としてのお付き 合いに関係を変えていく。 私自身としては、そのような三様の関わり方がうまくできたかというと、そうではなかったと 思うところもあるので、「そんな私が語るのもな」とも思いますが、聖書は、若い人には頭の良 さでも何かの機会でもなく、ただ神の知恵を大事にして欲しいと伝えていますね。聖書の知恵を 求めてまいりましょう。では良き一週を祈ります。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ