主を恐れ、その仰せを大いに喜ぶ

出演者
福井誠
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 不安や恐れを感じているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.02.05
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 詩篇 112篇1節
放送日
2020.02.05
「世の光」の時間です。いかがお過ごしでしょうか、福井誠です。「継続は力なり」聖書を一日一日と読み進むなら、不思議にも自然に養われていくものがあるものですね。今日も聖書を開いてまいりましょう。詩篇112篇1節から「主を恐れ、その仰せを大いに喜ぶ」と題して、メッセージをお伝えいたします。
 「ハレルヤ。幸いなことよ 主を恐れ その仰せを大いに喜ぶ人は。」
 皆さんは、何か恐れているものがありますか。私は小さな頃、何となく暗い部屋が怖くて、いつも夜寝るときは電気を消すや否や、布団の中に頭をすっぽりくるまって寝た、そんな思い出がありますね。また、大きくなって一時、対人恐怖症的になったこともありますね。でも、本当に恐れるべきものが何かがわかれば、人はいたずらに物事を恐れなくなるものですね。
 詩篇の作者は、「主を恐れ、主のことばを喜びとする。これが人間の生き方の基本である」といいます。確かに、イエス様もおっしゃいました。「からだを殺しても、たましいを殺せない人たちなどを恐れてはなりません。そんなものより、たましいもからだも共にゲヘナで滅ぼすことのできる方を恐れなさい」と。
 天地の支配者であり、私たちの命をも、環境をも、あらゆるものを一手に握っておられる神以外に恐れるべきものはありません。そして、まことの神を恐れる人は、さらに大切なことを味わい知るようになります。一つは、私たちが恐れるべき神が、実は愛に満ちた方で、地上での私たちの生活も家庭も整え、満たして下さるということです。天地のあらゆるものを支配しておられるお方は、私たちのために愛をもって、さまざまな配慮をして下さることを、味わい知るようになるのです。
 またそのように、恐れるべき神があらゆることを配慮して下さることを味わい知るようになると、いつも平安な満ち足りた心を持って、他人にも気前の良い者となれます。どんな物事があっても、でんと構えて、大きな包み込むような心で生きることができるようになるのです。悪い知らせも恐れないし、敵が現れても恐れない。あらゆる恵みを溢れるばかり与えることができる方が共におられるならば、確かにそうでしょう。まことに恐れるべき方を恐れ、平安な心を持って歩ませていただきたいものですね。では、良き一週を祈ります。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ