神のかたちに造られた?

出演者
関根弘興
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 孤独や悲しみを覚えるとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2024.02.06
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 創世記 1章26節
放送日
2024.02.06

いいね登録

     登録数:18

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。お元気でお過ごしでしょうか?関根弘興です。今週は聖書の中から、人間とは、どのような存在なのか、ということをご一緒に考えていきましょう。
創世記1章26節には、「神は仰せられた。『さあ、人をわれわれのかたちとして、われわれの似姿に造ろう』」このように書かれています。人は、神様のかたちに似せて造られたと教えています。ここで、神様はご自分のことを「われわれ」と言っておられますが、これは、すべてを治めておられる神様は威厳に満ちた方ですので、威厳を表す威厳の複数という書き方をしているのです。
そして、もう一つ大切なことは、私たちの神様は、三位一体なる神様です。聖書の神様は、父なる神、子なるキリスト、聖霊なる神、という三つの位格がある。人間で例えるなら人格のようなものですよね。そして、この父、子、聖霊は同じ本質をもっておられ、いつも一つの思いと目的を持って共にみわざをなされる。だから、本当の意味で一体なのである、ということなんです。これは私たちの頭で理解することはなかなか難しいんですよね。でも、聖書の神様は三位一体の神様であるということを、どうぞ心に留めておいてください。その神様に似せて造られたとはどういう意味なのでしょう。
第一は「人は、神様に向かって祈り、叫び、賛美し、あがめ、礼拝することのできる存在、すなわち、神様とコミュニケートすることのできる存在として造られた」ということです。それは、人間が単に肉体だけの存在でなく霊的な存在として造られているからです。
第二は、私たちの神様は、完全な調和に満ちたお方です。ですから、この神様に似せて造られたとは、人は他の人と関わり、調和を持って歩むことができる存在として造られているんですよ、ということなのです。人は、孤独に生きるようには造られていません。
第三は、人は知的な存在として造られました。神様は人にすべてのものを管理し、神様がお造りになった生き物に名前を付ける仕事をお任せになりました。つまり、人はそれぞれの特性を知り、見極め、養い、最終的に神様の素晴らしさがあがめられるように管理することができる能力が与えられ、造られたのです。
さて、このように人は造られたのですが、人が造られたその材料となったものは、いったい何だったのでしょう。それは明日のお楽しみ。

コメント

中野周治
『父、(全知全能・天地創造)子、(救い主イエス・キリスト)聖霊、(仕える霊)なる神様は(全てのものを創造された)(私達の罪の刑罰を身代わりに受けて下さった)(実に十字架の死に至るまで私達に仕えて下さった)愛・喜び・平安・寛容・親切・善意・誠実・柔和・自制を持った、心優しくへりくだった神様です!』

コメントを削除する

このコメントを削除しますか?

パスワード

もっと見る

コメントを投稿する

お問い合わせ