詩篇23篇を味わう-4

出演者
江橋摩美
制作
PBA 太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 疲れているとき
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 孤独や悲しみを覚えるとき
  • 眠れないとき
  • 朝聴きたい

もっと詳しく見る

アップロード日
2022.11.24
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 詩篇 23篇4節
放送日
2022.11.24

いいね登録

     登録数:4

いいねリストを見る

いかがお過ごしですか。江橋摩美です。
今週は「主は私の羊飼い」と言うことばから始まる詩篇23篇を味わっています。今日は4節をお読みします。


詩篇23篇4節
たとえ 死の陰の谷を歩むとしても
私はわざわいを恐れません。
あなたが ともにおられますから。
あなたのむちとあなたの杖
それが私の慰めです。


詩篇23篇は、古代イスラエルの王ダビデが歌ったと伝統的に考えられています。ダビデは王様でしたが、その一生のうちの多くの時間が死と隣り合わせのような日々でした。近隣諸国との戦いだけでなく、先代の王サウルに妬まれ、殺されそうになったり、また自分の息子からいのちを狙われる状況に陥ったこともありました。そのような一生を歩んだダビデが、「死の陰の谷を歩むとしてもわざわいを恐れない」と力強く宣言します。どのような苦難の中にあっても、神様がともにおられるからです。
ダビデは、神様のむちと杖が慰めだと言います。良き羊飼いである神様のむちと杖は、いずれも羊を守り導くためのものです。神様の主権の中で、私たちもまた守られるのです。

~♪

今日お届けしたのは、レーナ・マリアさんの詩篇23篇を歌う『PSALM23』でした。
明日もお楽しみに。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ