私の助けはどこからくるのだろうか

出演者
中上真由美(キングスチャペル岩国)
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 疲れているとき
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 孤独や悲しみを覚えるとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2022.07.22
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 詩篇 121篇1、2節
放送日
2022.07.22

いいね登録

     登録数:7

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。今日、番組を担当するキングスチャペル岩国、牧師の中上真由美です。
本日は、旧約聖書の詩篇の中から「私の助けはどこからくるのだろうか」という問いかけに答えを見つけていきましょう。

詩篇121篇1~2節「私は山に向かって目を上げる。私の助けは、どこから来るのか。私の助けは、天地を造られた主から来る。」

私たちの人生では様々な問題があります。家族の中の問題、人間関係の問題、経済問題、健康問題、老後の心配など。人間は何とか自分で解決しようと努力しますが、お金や弁護士やお医者さんでも助けにならない時があります。
詩篇の作者はエルサレム巡礼の時にこの歌を歌いました。巡礼は沢山の困難に遭遇する危険がともないます。そんな中、作者は自分に問いかけます。「私の助けはどこからくるのだろうか」「どこに助けを求めたらいいのだろうか」そして、目の前にある山々を見上げるのです。
その時に、この山々を造った創造主なる神様を思い出すのです。神は天と地を創造され、人間も動物もすべてのものを創造されました。神様は人間のように眠ることはなく、いつもどんな時も助け、守ることができるお方です。作者ははっきりと「私の助けは、天地を造られた主から来る」と告白します。
私の家族は、神社とお寺に信仰があったので、熱心に家族で神社やお寺にお参りしました。小さい時から仏壇に手を合わせて「神様、仏様、ご先祖様」と毎日お祈りしました。しかし祈りは答えられず、いつしか家族の中の問題も「しょうがない」と思うようになりました。
私は20歳の時に、イエス・キリスト様に出会い、罪の赦しを受けて、救われました。そして、人間が作った偶像や先祖ではなく、天地を造られた神様が私を助け守ってくださることを知りました。問題は無くなったわけではありませんが、あきらめから神様への信仰へと、希望へと、変えられました。「私の助けは、天地を造られた神様から来る」からです。
あなたの助けはどこからきますか。今日、イエス様を救い主として心にお迎えしませんか。全地を造られた神様の助けを受け取ることができます。神様は、すべてのわざわいから、あなたを守り、あなたのいのちを守ることのできるお方です。祝福がありますようにお祈りします。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ