キリストの豊かさ

出演者
板倉邦雄
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 元気をもらいたいとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2022.05.09
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ヨハネの福音書 1章16節
[新約聖書] ヨハネの福音書 10章10節
放送日
2022.05.09

いいね登録

     登録数:1

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか。板倉邦雄です。今日は「キリストの豊かさ」という題でお話しいたしましょう。では、まずヨハネの福音書1章16節を口語訳でお読みいたします。
「わたしたちすべての者は、その満ち満ちているものの中から受けて、めぐみにめぐみを加えられた。」
まず、イエス・キリストのうちにあらゆる祝福が溢れるばかりに豊かに宿っているとヨハネは語っているのです。あらゆる祝福とは、いのちと真理、正義と聖潔、英知と知恵、そして何よりも慈悲と博愛ではないでしょうか。これらは隠れた泉のように、イエス・キリストの中に満ち満ちて宿っているのです。ですから、私たちは汲めど尽きることのない泉であるキリストに、信仰によってつながっていきたいのです。
なぜなら、私たちはやがて死ぬべき者だからです。しかし、いのちの祝福の豊かさはイエス・キリストのうちに溢れています。また、私たちは不義と不潔によって、惨めな汚れと迷いの中にあるのではないでしょうか。しかし、正義と聖潔の祝福はイエス・キリストのうちに溢れています。さらに、私たちは無知で知恵に欠けているのではないでしょうか。しかし、イエス・キリストのうちに英知と知恵が溢れているのです。
イエス・キリストはこの世に来られた目的をこのように言われました。「わたしがきたのは、羊に命を得させ、豊かに得させるためである。」ヨハネの福音書10章10節です。羊飼いとして来られたイエス・キリストを信じて従うすべての人たちに、優先的な博愛を注いで、永遠のいのちを与え、しかも豊かにお与えになるのです。罪の赦しも与え、優れた知識も、知恵も与えてくださるのです。
そして、さらにヨハネはこうつけ加えました。「私たちはめぐみのうえにさらにめぐみを受けたのである。」この「恵み」というギリシャ語は「カリス」といいます。「カリスマ」の語源です。ギリシャ語の「カリス」は「神の恵みの賜物」という意味を持っています。「カリスマ」は、私たちを誇らせ、自慢させる所有物ではありません。私たちを互いに生かし、ともに生きるための神様からの恵みの贈り物です。私たちは、イエス・キリストへの信仰というパイプを通して、恵み(カリスマ)の上にさらにカリスマ(恵み)を豊かに受けているのです。ですから、私たちはみんな誰でもカリスマ人間なのですね。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ