変わることのないお方

出演者
関根弘興
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 元気をもらいたいとき
  • 一歩踏み出したいとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2022.05.07
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ヤコブの手紙 1章17節
放送日
2022.05.07

いいね登録

     登録数:0

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。お元気でお過ごしでしょうか。関根弘興です。
私は、日本に住んでいてとても良かったなと思うことがあります。それは、移り変わる四季折々の風情を楽しむことができるということです。寒い冬が過ぎ、春を迎え、蒸し暑い夏がきて、また秋に向かう。四季の折々の美しさは、ものの移り変わりの美しさでもありますよね。冬枯れの枝からは、新芽が出、新緑は濃い緑に変わり、そして色づいていき、また散っていく。今の季節は、私の住んでいる地域でも本当に緑がだんだんと濃くなってとても美しいです。
移りゆくものの姿、それは、もののさびしさとか、哀れさを教えてくれます。こうした姿に私たちは「わび、さびの世界」を経験するのだと思います。ですから、日本の詩歌のテーマはこの移り変わりの美しさや、もののさびしさ、哀れさを表すことが多いですね。
四季折々の自然にふれ、移り変わる風情を楽しむのは、私たちに与えられた喜びでもありますが、お互いの人生を考えるとどうでしょう。私たちの人生も移り変わっていきます。「人生の四季」という言葉がある通り、若い時代から老いの時代へと移り変わっていくわけです。
だからこそ、私たちは決して移り変わることのないものがどうしても必要なのです。
聖書にはこう記されています。ヤコブの手紙1章17節「すべての良い贈り物、またすべての完全な賜物は、上からのものであり、光を造られた父から下って来るのです。父には、移り変わりや、天体の運行によって生じる影のようなものはありません。」こう書かれています。
時代は変わります。国の体制も変わっていきます。人の思索もいつのまにか変わっていきます。自然も変わります。変わらないものなど何一つありません。しかし、決して変わることのない方がいるのですよと聖書は教えます。
それは、天地を創造された神様。この方は決して移り変わることはありません。
神様は真実で愛に富むお方です。ですから、この世界は変わっても、神様の愛は変わることがありません。神様の真実は変わりません。
この方を信じ生きるということは、どんなに大きな慰めでしょう。私たちは、自然の移り変わりを楽しみながら、すべてのものは移り変わるけれど、決して変わることのない方がいるということを信頼し、生きていくことができる。なんと感謝なことでしょうね。そうした生き方こそあなたを豊かにしていくのです。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ