なぜ苦しみが

出演者
関根弘興
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 元気をもらいたいとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2022.05.04
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] ヨナ書 2章9節
[旧約聖書] 詩篇 23篇4節
放送日
2022.05.04

いいね登録

     登録数:0

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。お元気でお過ごしでしょうか。関根弘興です。
あなたは神様が、人生に悩みや困難という、時には大きな嵐を送り込まれることがあると考えたことがありますか。もちろん、私たちの苦しみは、私たちの愚かさや失敗から来くることが多いです。また、他人の間違いのために苦しむことがあります。でも、時には神様が私たちの目を覚まさせるために、ある時には困難を通して教えてくれる、そういうこともあるのですね。
旧約聖書が書かれた時代。ヨナという神様のことばを人々に伝える人がいました。ある時、神様は、ヨナに「ニネベという町に行って神様のことを語るように」と言われたのです。しかし、彼は心の中でこう思いました。「あのニネベは悪い人たちばかりで、俺たちの国に敵対しているじゃないか。どうしてあんな国の人たちに神様の素晴らしさなんか語れようか!」。そこでヨナは、ニネベとは全く正反対の方向に向かう船に乗って出て行ってしまいました。しかし、その船旅の途中、嵐がやってきたのです。  
ヨナは、神様から逃れられると思いましたが、それは全くの見当違いでした。この嵐の中で、なんとヨナは海に投げ出されてしまいました。しかし、神様は大きな魚を用意させ、ヨナはその魚に飲み込まれてしまったというのです。
彼はこの真っ暗闇の絶体絶命の中で、色々なことを考えました。しかし、ついに彼はこう叫ぶのです。
ヨナ書2章9節「私は、感謝の声をあげて、あなたにいけにえを献げ、私の誓いを果たします。救いは主のものです。」こう語りました。つまり、「こんな私を救ってくださるのは神様、あなただけです。」と叫んだのです。
すると、なんとヨナを飲み込んだ大きな魚は、ヨナをはき出し、ヨナは陸地に打ち上げたのですね。信じられないような光景ですよね。
ヨナの人生にとってこの嵐の出来事は、自分の力の弱さというものを痛いほど知ることになりました。そして、神様こそが自分の人生の救い、いのちを与えてくださる方であるということを教えられる嵐となったのです。
私たちは、色んな試練や困難という嵐を誰もが通ります。でも、その中で得ることができた訓練は決して無駄になることはないということを知ってください。
詩篇23篇4節
「たとえ 死の陰の谷を歩むとしても 私はわざわいを恐れません。あなたが ともにおられますから。あなたのむちとあなたの杖 それが私の慰めです。」

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ