賛美歌紹介ウィーク|遠き国や

出演者
江橋摩美
制作
PBA 太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 孤独や悲しみを覚えるとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2022.03.14
カテゴリ
人物・人生
放送日
2022.03.14

いいね登録

     登録数:0

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか、世の光アナウンサーの江橋摩美です。
今週は、普段の番組ではなかなかお届けできない、実際にキリスト教会で歌われている賛美歌をご紹介します。どこかで、聞いたことのある賛美歌が登場するかもしれませんよ。

さて、先週の金曜日3月11日は東日本大震災から11年を迎えた日でした。この震災以降、多くの教会で歌われてきた賛美歌があります。それは、聖歌の397番に収録されている「遠き国や」です。
この歌は、関東大震災を経験した宣教師J.V.マーティンが作ったものです。
彼は震災のあった夜、余震が続き、火事も残る街中で、十字架の光をみたのです。マーティンがつけたもともとのタイトルは「There’s A Light」訳すと「光がある」。彼は、絶望に覆われる夜にキリストの光、希望の光を見つけこの曲を書き上げました。

慰めはあなたのために、慰めはわたしのために、揺れ動く地にあっても
なおキリストの十字架は輝いている

それでは、お聞きください。「遠き国や」PBA hymns、男性カルテットが歌います。

~♪

それでは明日もお楽しみに。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ