ルカの福音書-83 イエスの方から来てくださる

出演者
大嶋重徳
コメント数
0
制作
PBA太平洋放送協会
タグ
  • 疲れているとき
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 病気のとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2022.01.10
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ルカの福音書 4章
放送日
2022.01.10
「世の光」の時間です。いかがお過ごしでしょうか。大嶋重徳です。ルカ福音書を順番に読んでいます。今週の箇所、ルカ4章ではイエス様のカペナウムという町での伝道の様子が描かれています。
当時、会堂での聖書の説教を聞いた後、そこにいた何人かで説教の感想を、昼ごはんを食べながら言い合う、分かち合う時間をこの当時持っていました。教会でお昼ごはんを食べることが大切にされていったのもこの背景があります。コロナ禍で随分とお昼ごはんを食べることができなくなりましたが、教会でも一緒にご飯を食べながら、語られたみことばの分かち合いをしています。
この日は、シモン・ペテロの家に行き、その話を分かちあおうとしていました。しかし、家に入ると、シモン・ペテロの姑がひどい熱で苦しんでいました。姑とはペテロの義理のお母さんです。義理のお父さんが早くに亡くなったのでしょうか、ペテロ夫婦と妻のお母さんが同居をしていたのですね。その姑がひどい熱をだしていた。
すると周りの人が彼女のためにイエス様に癒やしをお願いしたのです。本来ならシモン・ペテロからお願いするのが筋でしょう。動揺をしていたのでしょうか。「せっかく今日はイエス様が来てくれたのになんなのだ」と身勝手に怒っていたのかもしれません。あるいは「イエス様は説教後に疲れておられるのに熱の癒やしをお願いをしても良いのだろうか」と勝手に考えたのかもしれません。動揺して何もできないシモンの代わりに、周りの人がイエス様にお願いをしました。
するとイエス様は何のためらいもなく、姑の枕元に来てくださったのです。イエス様が「癒やされた」とあります。そして熱を叱りつけられました。すると「熱が引き、彼女はすぐに立ち上がって、彼らをもてなし始めた」とあります。実は、聖書で最初にイエス様に奉仕をし、おもてなしをしたのはペテロの姑でした。
イエス様という方は、私たちに近づいてきてくださるときに、私たちの家族にも近づいてくださるのです。しかもペテロの方から何も言えない状況であったにも関わらず、イエス様の方から私たちの家族に、ペテロの家族に近寄ってくださるのです。
今日もイエス様はあなただけではありません。あなたの家族の必要にも近づいて、寄り添って、手を置いてくださるのです。だからこそ、大胆に家族のことをお祈りしましょう。あなたの祈りに答えて手を置いて癒やしてくださるイエス様が今日もあなたの家にきてくださるのですから。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ