時代は移り変わっても

出演者
山本陽一郎
コメント数
0
制作
PBA太平洋放送協会
タグ
  • 死や命について考えているとき
  • 病気のとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.07.31
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ヨハネの福音書 3章16節
放送日
2021.07.31
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか、山本陽一郎です。今年、2021年は、PBA太平洋放送協会の創立70周年です。新幹線よりも早くから、聖書のメッセージを電波に乗せて、届け続けてきました。電波は見えません。つかむこともできません。しかし、電波は、私たちの生活する空間を伝わっています。それを受け取りさえすれば、私たちは番組や情報を聴いたり、見たりすることができるわけです。
 聖書に、ご自身を示してくださった神も目には見えません。でも、この世界と私たちを造り治めておられる神は、今日、今この時も、あなたに語りかけておられます。さまざまな方法を、何より聖書のことばを通して、神はご自身を示し、メッセージを届ておられるのです。
 今日は、私の祖父の話をしたいと思います。祖父は、少年時代に両親を失い、戦争や辛い経験を乗り越えて懸命に生きてきました。結婚した祖母が、教会に通うようになり、家族は全員クリスチャンになりました。でも祖父だけは、かたくなに信仰を拒み続けたのです。人一倍、努力して生きてきただけに、神を信じることは甘えであり、弱い人間の手段だと考えていたようです。
 けれども、ある時、初めて大病を患いました。病室へ見舞いに行った私に、祖父が初めてこう言ったのです。「わしは今まで、一生懸命に生きてきた。でも本当は、生きてきたんじゃなくて、生かされてきたんだな。これ読んだよ。」そう語った祖父の枕元には、聖書が置いてありました。神のことばに、祖父がチャンネルを合わせた時、心に神の愛と希望が流れ込んできたのです。辛い闘病中でしたが、祖父の声と表情は大変穏やかでした。それから祖父は、イエス・キリストを自分の救い主として信じ、その後、天に召されました。
 「神は、実に、そのひとり子をお与えになったほどに世を愛された。それは御子を信じる者が、一人として滅びることなく、永遠のいのちを持つためである。」ヨハネの福音書3章16節
 時代も人も思想も変わります。しかし、神のみことばは変わりません。あなたを生かすいのちの福音は、今日も届けられています。あなたも心のチャンネルを、合わせてみませんか。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ