永遠を見つめ今を生きる

出演者
関根弘興
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 疲れているとき
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 孤独や悲しみを覚えるとき
  • 愛する人を失ったとき
  • 死や命について考えているとき
  • クリスマス・イースター

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.04.03
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ヨハネの黙示録 21章4節
放送日
2021.04.03
 「世の光」の時間です。お元気でお過ごしでしょうか、関根弘興です。キリスト教会のカレンダーでは、今度の日曜日は、イエス・キリストが死からよみがえられたことを記念するイースターを迎えます。そこで今週はご一緒に、聖書から「死」と「復活」ということについて考えています。
 私たちの時間の流れというものは、過去から現在、そして未来へと流れています。ですから、過去を振り返り、現在を見、そして将来を見つめようとします。過去を見て、あんなことがあったから、これからもいいことなどないと将来を見る人もいるでしょうし、こんなことがあったから将来は大きく変わるに違いないと判断することもあるでしょう。しかし聖書は、もう一つの視点があることを教えています。それは、まだ見ぬ未来を見つめて、現在を見、過去さえも見ていくというこういう見方です。つまり、永遠を見つめ、今の生活を見つめていくという見方ですね。
 聖書は、死は終わりではない、永遠の住まいが用意されていると約束しています。そこにはいつも、希望があるわけです。この見方の特徴は、将来に希望を見つめて、今を生きるということなのです。この地上の生涯は、喜び、悲しみ、痛み、苦しみ、様々なことが起こります。しかし、「わたしを信じる者は死んでも生きる」とイエス・キリストは言われました。死は終わりではなく、永遠の始まり、そう教えるわけです。ですから私たちは、まだ見ぬ永遠の希望を見つめ、今というこの瞬間を生きていくのです。
 私は、キリスト教の葬儀の司式をすることが度々あります。葬儀では、賛美歌が歌われ、死は終りではないと希望のメッセージを語ります。もちろん、永遠の希望があるとはいえ、愛する人とのこの地上での別れというものは、言いようもない深い悲しみです。涙があふれてきます。そして、「神様どうしてですか!」と何度も叫び、疲れ果ててしまうこともあるでしょう。
 でもそんな時、どうぞ、その涙を止めないでください。なぜなら、その涙をぬぐってくださるイエス・キリストがいてくださるからです。ヨハネの黙示録にはこう記されています。
 「神は彼らの目から涙をことごとくぬぐい取ってくださる。もはや死はなく、悲しみも、叫び声も、苦しみもない。以前のものが過ぎ去ったからである。」永遠を見つめて、今を生きていきましょう。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ