危機一髪

出演者
板倉邦雄
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 不安や恐れを感じているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.02.19
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] 使徒の働き 23章
[新約聖書] マタイの福音書 10章29節
放送日
2021.02.19
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか。板倉邦雄です。今日は「危機一髪」という題でお話ししましょう。使徒の働き23章の続きです。
 パウロの暗殺計画が着々と進んでいました。ところが、パウロの姉妹の息子が、この暗殺計画を耳にしたのです。彼は兵営に入っていって、そのことを留置場にいるパウロに知らせました。そこでパウロは、百人隊長の一人を呼んで言いました。「この若者を千人隊長のところへ連れて行ってください。何か報告することがあるようですから。」
 そこで百人隊長は若者を連れていき、千人隊長に引き合わせ言いました。「囚人のパウロが、この若者があなたに話したいことがあるので、あなたのところへ連れて行ってくれるようにと頼みました。」そこで千人隊長は、若者の手を取り、人のいないところへ連れて行って尋ねました。「私に話たいことというのは、何ですか。」若者は言いました。「ユダヤ人たちが、もっと詳しく取り調べをすると見せかけて、明日、議会に彼を連れ出すように、あなたに頼むことを決めています。どうぞ、彼らの頼みを取り上げないで下さい。四十人あまりの者が、待伏せしているのです。彼らは、パウロを殺すまでは飲食をいっさい断つと固く誓い合っています。そして、いま手はずをととのえて、あなたの許可を待っているところなのです。」そこで千人隊長は、「このことを私に知らせたことは、だれにも口外するな」と命じて、若者を帰らせました。
 よかったですね。パウロの姉妹の子どもが、おじさんパウロの暗殺計画を耳にしました。それを直接、おじさんパウロに知らせました。パウロは直接、千人隊長の耳に入れました。賢明な千人隊長は、若者の話を聞いてくれたのです。 
 これを多くの人々は、偶然が重なったと言います。しかし聖書は、これを神の摂理、神の配剤と呼ぶのです。ローマで、キリストの証しをするパウロが、おめおめエルサレムで死ぬことはありません。
 イエス様の言葉です。「二羽の雀は一アサリオンで売られているではありませんか。そんな雀の一羽でさえ、あなたがたの父の許しなしに地に落ちることはありません。」マタイの福音書10章29節

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ