暗殺計画

出演者
板倉邦雄
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.02.18
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] 使徒の働き 23章
放送日
2021.02.18
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか。板倉邦雄です。今日は「暗殺計画」という題でお話ししましょう。
 いつの時代でも権力者側にいる者たちは、自分の利益が損なわれるようになると、邪魔者を排除するようになるようですね。ユダヤの最高議会のある議員たちは、結託して、パウロを暗殺しようと計画します。使徒の働き23章です。
 ユダヤの最高議会での裁判を終えたパウロは、ローマの兵営で留置されていました。その夜のことでした。復活の主イエス様が、再びパウロに現れ、臨んで言われました。「パウロしっかりしなさい。あなたは、エルサレムでわたしのことを証しして、わたしの証人になったように、ローマに行ってもわたしの証人とならなくてはなりません。」
 パウロは、ローマの兵営に留置されて、将来どうなるかという不安があったでしょう。そのような孤独の夜に、復活の主イエス様が臨み、将来の約束をして下さいました。
 ところで夜が明けますと、ユダヤ人のある議員たちは、集まり、申し合わせをしました。「パウロを殺害するまでは飲食をいっさい断つ」と誓い合ったのです。このパウロの暗殺計画に加わった者は、四十人あまりでした。彼ら四十人の議員たちは、パウロを目の上のたんこぶと思っている祭司長や、神の長老たちのところに行って、こうを申し出ました。「私たち四十人は、パウロを殺すまでは何も食べないと、堅く誓い合いました。ついては、あなたがたも協力してほしい。他の議会の議員と組んで、パウロのことでなお詳しく取り調べをするように見せかけ、パウロをあなた方のところに連れ出すように、千人隊長に頼んで欲しいのだ。私たちは、あなた方のところへパウロが来る途中で待伏せし、パウロを殺害するように手配しています。」
 なんということでしょうか。夜の暗い留置場の中で、復活の主イエス様は、失望と落胆の中にあるパウロに現れて、将来と希望の言葉を約束されました。「エルサレムでわたしのことを証ししたように、ローマでも証ししをします。」
 他方、夜が明けた明るさの中で、暗い部屋に閉じこもり、四十人の人々が雁首を揃えて暗殺計画を練っていた光景です。あなたはどちらの側につきますか。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ