成就するためです

出演者
福井誠
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.02.04
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] マタイの福音書 26章56節
放送日
2021.02.04
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしでしょうか。福井誠です。「継続は力なり」聖書を一日一日と読み進むなら、不思議にも自然に養われるものがあります。今日も聖書を開いてまいりましょう。今日はマタイの福音書26章56節から「成就するためです」と題して、メッセージをお伝えいたします。
 「しかし、このすべてのことが起こったのは、預言者たちの書が成就するためです。」
 ここからいよいよ、イエスの受難物語に入りますね。イエスの十字架の予告に始まり、一挙に、最後の晩餐、ゲッセマネの祈り、ユダの裏切り、イエスの逮捕と大祭司カヤパの取り調べ、そしてサンヘドリンの小委員会での裁判と、マタイは書き進めていますね。そして、マタイは56節、「すべてが聖書の語っていることが、実現するためであった」とまとめています。
 イエスの十字架の死は、旧約聖書にあらかじめ預言されていたことでした。ユダの裏切りの箇所を読むと、ユダが計画的に、イエスを不当な裁判に引き渡したようにも思われます。しかし、ユダのその計画も、イエスはお見通しで、自分の身を委ねたというわけですね。すでに知っていながら、自分の身に起こる危険を受け入れていくイエスの気持ちはどんなものであったのだろうかと思うところですが、イエスはこう祈っています。
 「わが父よ、できることなら、この杯をわたしから過ぎ去らせてください。しかし、わたしが望むようにではなく、あなたが望まれるままに、なさってください。」
 やはり、イエスも生身の人間、そのような試練が来るのを堪えがたく思っていたようですね。けれどもイエスは、神の御心に従っていきます。なぜでしょう。イエスの弟子ペテロは、イエスのその従順の意味を説き明かしてこう語りました。
 「キリストは自ら十字架の上で、私たちの罪をその身に負われた。それは、私たちが罪を離れ、義のために生きるため。その打ち傷のゆえに、あなたがたは癒やされた。」と。
 イエスは目的を持って、つまり人の罪が赦され、新しい命が与えられるために、すすんでその苦しみを受けてくださったというのです。大切なのは、イエスのこの目的は達成され、完了していることです。つまり私たちの罪も、イエスは負って下さったのです。イエスにある罪の赦しを、素直に受け止めていきたいものですね。
 では今日も、良き一日となるように祈ります。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ