もしかすると、神が思い直して

出演者
福井誠
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 人を許すことが出来ないとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.12.03
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] ヨナ書 3章9節
放送日
2020.12.03
 世の光の時間です。いかがお過ごしでしょうか、福井誠です。「継続は力なり」聖書を一日一日と読み進むなら、不思議にも自然に養われるものがあります。今日も聖書を開いてまいりましょう。今日はヨナ書 3章9節から、「もしかすると、神が思い直して」と題してメッセージをお伝えいたします。
 「もしかすると、神が思い直してあわれみ、その燃える怒りを収められ、私たちは滅びないですむかもしれない。」
 昨日の続き、ヨナ書3章に入ります。魚に吐き出されたヨナは、神様のすすめに従って、素直に敵国アッシリアの首都ニネベへ出て行きました。ヨナが吐き出されたタルシシュの海岸からニネベは、おおよそ800キロです。当時の人たちの足では約一カ月かかる道のりでした。ヨナの体は、魚の胃酸にとかされていたはずで、この期間に皮膚の回復が進んだとしても、その外観は変わり果てた姿になっていたことでしょう。しかし、その姿そのものが、神の言葉の真実さを訴えることになったのではないでしょうか。
 ヨナは、首都ニネベの広い土地をくまなく歩き回り、神がこの町を滅ぼそうとしてること、神を信じて悔い改めるべきことを語ります。すると町中の人々が、次々と悔いあらためて神を信じるのです。王様すら、もしかすると神が思い直してあわれみ、その燃える怒りをおさめられ、私たちは滅びないかもしれないと語り、王服を脱いで、粗布を着て、灰の上に座って、悔い改めの心を表明したのです。
 これによって神は、ニネベにくだそうと考えていた禍を思い直されました。悔い改めたヨナを救い、悔い改めたニネベを救う。神はどれほど怒ったとしても、悔い改めるなら、思い直してあわれみ許して下さるというわけですね。
 新約聖書の使徒ペテロは、「神は、ひとりでも滅びることを望まず、すべての人が悔い改めに進むことを望んでおられる。」と語りました。パウロも、「神は、すべての人が救われて、真理を知るようになるのを望んでおられます。」と語っています。聖書は、清く正しい人生を生きることを勧めるよりも、まず悔い改めることを進めています。そして悔い改める者に、神はあわれみ深い方であることを教えているのです。では、良き一日を祈ります。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ