急ぎの旅

出演者
板倉邦雄
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.09.22
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] 使徒の働き 20章
放送日
2020.09.22
世の光の時間です。いかがお過ごしですか、板倉邦雄です。今日は「急ぎの旅」という題でお話ししましょう。
 急ぎの旅といいましても、昔と今とでは大きく異なるでしょう。現代では、飛行機で一日でいける旅も、昔は徒歩や船、あるいは馬を使って何十日もかかりました。今日は、パウロたちの急ぎの旅を見ることにします。使徒の働き20章の続きです。
 さて、トロアスでの若者墜落事件の翌日、パウロは陸路でアソスの港町へ向かいました。トロアスからアソスまでは約80キロはあり、徒歩で二日はかかったでしょう。パウロはアソスで同行者と落ち合い、船でミテレネ島へ向かいます。そこから直ちに出帆して、翌日はキヨス島の沖合にいたり、次の日にサモス島に寄港しました。その翌日に、ミレトスの港に到着しました。それはパウロが、小アジアで時間を取らないためでした。特に、ミレトスの港町から40キロ以上北上しますと、小アジアの都、エペソがあります。今回の三回目の伝道旅行で、二年間エペソで伝道し、エペソ教会が設立されました。もしエペソ教会へ立ち寄ったら、引き止められて時間を取られてしまったでしょう。パウロが陸路を取らないで、アソスの港町からミレトスまでの海路を選んだのは、エペソの教会に立ち寄らないためだったのです。できればペンテコステの日には、エルサレムの教会に着いていたかったからです。
 ペンテコステとは、ギリシャ語で50という意味です。春の過ぎ越しの祭から50日目に、春の収穫祭がエルサレムの都を中心に行われました。全世界から離散したイスラエルの人々が、過ぎ越しの祭と収穫祭のために、巡礼者としてエルサレムに集まってくるからです。ペンテコステの日は、聖霊降臨日として記念すべき日でした。エルサレム教会の誕生の日、世界のキリスト教会の誕生の日となったからです。
 パウロが、このペンテコステの日にはエルサレムに着いていたいという、急ぎの旅の理由がわかりました。みんなと会って、祈りたい、また共に礼拝したい、そしてまた、三回目の伝道旅行での聖霊の働きと収穫を報告したかったからです。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ