聖書が語るバビロン捕囚

出演者
羽鳥頼和
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 死や命について考えているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.08.29
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 列王記第二 24章
放送日
2020.08.29
「世の光」の時間です。お聴きくださりありがとうございます。羽鳥頼和です。
 「バビロン捕囚」をご存じでしょうか。高校の世界史の教科書には、「ユダ王国は新バビロニアに征服されて紀元前586年、住民の多くはその都バビロンに連れ去られた、これを『バビロン捕囚』という」と記されています。今日は、聖書に記されているバビロン捕囚についてお話しします。旧約聖書の列王記第二の24章が、バビロン捕囚についてこのように語っています。
 「ユダの王はバビロンの王に降伏したので、バビロンの王は、彼を捕虜にした。バビロンの王は、主の宮の財宝と王宮の財宝をことごとく運び出した。彼はエルサレムの高官、すべての有力者一万人、それに職人もみな、捕囚として捕らえ移した。」
 このように聖書には、歴史の事実が語られているとともに、バビロン捕囚はどうして起こったのかということについても語っています。
 「実に、このようなことがユダに起こったのは、神によることであった。それはユダの王が犯した罪のためであり、ユダの王が多くの咎なき者を殺したからであった。そのために神はユダを赦そうとはされなかったのである。」
 神は、ユダ王の罪を知っておられ、罪を犯してはならない、悔い改めて神に従うように、繰り返し警告しておられました。そして、「神に聞き従うなら人々を救う」と約束しておられました。それなのに王は、神のことばを聞かなかったのです。王の罪が国を滅ぼしたのです。罪の結果は滅びです。聖書は、「人の罪はその人を滅ぼす」と警告しています。そして聖書は、神が警告とともに救いの道を備えてくださっていることを教えています。神は、イエス・キリストを信じる者に、永遠のいのちを与えてくださるのです。
 聖書のことば「罪の報酬は死です。しかし神の賜物は、私たちの主キリスト・イエスにある永遠のいのちです。」
 イエス・キリストを信じる人に神は、永遠のいのちを与えてくださいます。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ