砂漠を主の園のようにする

出演者
福井誠
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.06.24
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] イザヤ書 51章3節
放送日
2020.06.24
「世の光」の時間です。いかがお過ごしでしょうか、福井誠です。継続は力 なり」聖書を一日一日と読み進むなら、不思議にも自然に養われるものがあり ます。今日も聖書を開いてまいりましょう。今日はイザヤ書 51 章 3 節から「砂 漠を主の園のようにする」と題してメッセージをお伝えいたします。
「まことに、主はシオンを慰め、そのすべての廃墟を慰めて、その荒野をエ デンのようにし、その砂漠を主の園のようにする。そこには楽しみと喜びがあ り、感謝と歌声がある。」
イザヤのメッセージは単純ですね。繰り返し「祝福の神に目を向けよ」と言 います。そしてユダヤ人にとって、非常に身近なアブラハムという人物のエピ ソードを取り上げます。跡継ぎもない年寄りのこの人物が、ただ不器用に神に 従ってきただけでどのように祝されたのかをよく考えよと言うのです。そして 言います。
「まことに、主はシオンを慰め、そのすべての廃墟を慰めて、その荒野をエ デンのようにし、その砂漠を主の園のようにする。」
何もない荒野を美しい楽園のようにする、そのような神が存在することを認 めよ。神に拠り頼め。神の助けを得よと言うのです。たとえあなたをそしる者、 ののしる者、打倒する者の勢いがいかに強くあろうとも、神の力はそれ以上で あるというのです。結局その神に信頼を置く、イザヤはただ、この一つに尽き ると語るのですが、人はその一つの真理の前に戸惑ってしまうものでしょう。 けれども、イザヤは言います。
「わたし、このわたしが、あなたがたを慰める。あなたは、何者なのか。死 ななければならない人間や、草にも等しい人の子を恐れるとは。」(新改訳第 3 版)
人を恐れているのなら神を信じるべきでしょう。また言います。
「酔ってはいても、酒のせいではない者よ。」まさに、酒に酔うかのように、 悩みに酔っている、そのような人も、神に信頼すべきだと語るのです。
まさにイエスも「できるものなら、と言うのか。信じる者には、どんなこと でもできるのです。」と語られましたが、文句なしにイエスのことばに、神のこ とばに信頼すべきことが求められています。聖書を開いて、そのようにあなた に語りかけている、神を知っていただきたいと思います。良き一週を祈ります。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ