わたしたちは枝

出演者
関根弘興
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.06.12
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ヨハネの福音書 15章5節
放送日
2020.06.12
「世の光」の時間です。お元気でお過ごしでしょうか、関根弘興です。
今日はまず最初に、イエス・キリストが弟子たちに語られたことばを紹介し ましょう。
ヨハネの福音書 15 章 5 節「わたしはぶどうの木、あなたがたは枝です。」
聖書には、ぶどうのたとえがよく出てきます。イエス・キリストは、このヨ ハネの 15 章で「わたしの父はぶどう園の農夫です。」とも言われたんですね。 父なる神様は農夫だというわけです。聖書の舞台となっているぶどう園は、日 本のような「棚作り」と違いまして、枝をそのまま地面にはわせて栽培するこ とが多いそうです。ぶどうの木を育てるのは手間のかかる大変な作業です。農 夫は荒れた土地から石を取り除き、土地を改良し、ぶどうを植え、手入れをし ながら育てていくわけです。特に夏の暑い盛りには、収穫作業は大変なものだ そうです。ぶどうの栽培は、農夫の腕にかかっているわけですね。イエス様は、 父なる神様は、その大変な作業を行う農夫となって下さっていると言われたの です。
神様は、大切にぶどうを育てる農夫のように、私たち一人ひとりを育てるた めに働いてくださっているのですね。信仰に生きるとは、すばらしい農夫であ る神様が、私たち一人ひとりを成長させてくださるということを期待し、神様 に委ねつつ生きることでもあるのですね。神様は最善の世話をしてくださる最 高の農夫です。私たちはこの方によって手入れをされながら、実を実らせるこ とができるのです。
そして私たちは、そのぶどうの木の枝です。枝は、幹につぎあわされていな ければ、決して実を結ぶことはできません。枯れていくだけです。どんなにす ばらしい性能を持ったコンピューターでも、電源がきちんと差し込まれていな ければ動きませんね。私たちも同じです。私たちは枝にすぎないのです。イエ ス様という幹につながっていなければ、枯れてしまいます。
だからイエス様はこう言われました。「あなたがたはわたしにとどまっていな ければ、実を結ぶことはできません。わたしを離れては、あなたがたは何もす ることができないからです」と。
枝にとって最も大切なことは幹につながっているかどうかです。そして感謝 なことに、私たちのがんばりや努力によってつながるのではなく、イエス様を 信じる単純な信仰によって、つながり、生きることができるのですね。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ