ダビデの子は次のとおり

出演者
福井誠
制作
PBA 太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 一歩踏み出したいとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2022.09.02
カテゴリ
聖書・歴史
聖書箇所
[旧約聖書] 歴代誌第一 3章1節
放送日
2022.09.02

いいね登録

     登録数:0

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。いかがお過ごしでしょうか。福井誠です。「継続は力なり」日々聖書を手に取り、心の糧とするなら不思議にも自然に養われてくるものがあるものです。
今日も聖書を開いてまいりましょう。今日は、歴代誌第一3章1節から「ダビデの子は次のとおり」と題してお話をいたします。

「ヘブロンで生まれたダビデの子は次のとおりである。長子はイズレエル人アヒノアムによるアムノン。」

今日は、歴代誌の3章を読みます。3章はイスラエルの最も偉大な王、ダビデ王の系図を描いています。ダビデ王にはたくさんの子どもがいました。著者は、それらを大きく三つのグループに分けています。
第一に、ダビデ王がまだイスラエルの王となる以前、ヘブロン時代に生まれた子どもたち。第二に、ダビデ王がエルサレムで王となったあとバテ・シュアという女性によって生まれた子どもたち。そして、最後にバテ・シュア以外の妻によって生まれた子どもたちです。
そして、これらの子どもの中で王位を継承したのは、二番目のグループ、バテ・シュアに生まれたソロモンという子どもで、そこからバビロンに国が滅ぼされるまで、どのような王様がいたのか、さらに国が滅ぼされたあと、この歴代誌が書かれた時代に至るまで、エルサレムに帰ってきたダビデの系統に属する人々に、どのような人がいたのかを書きあげるのです。
大切なのはこれらの系図の名前から、さまざまな出来事を思いうかべることでしょう。
長子アムノンは近親姦の問題を起こしました。三男アブシャロムはダビデ王にクーデターを起こし、四男アドニアはソロモンと王位を争って自滅。そもそも、これほどの多くの妻を持ったダビデの問題が描かれています。
つまり、この記述は実は不名誉な汚点だらけの系図なのです。にも関わらず神がイスラエルを祝福する関心は取りさられずにあることを伝えています。
私たちの人生にも不名誉な過去が多いものでしょう。しかし、神はそのようなことを問題にはされません。私たちがどんなであったかに関わらず、悔い改める私たちの新しい未来を築こうと寄り添うお方なのです。
では、今日も良き一日となるように祈ります。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ