髪の毛一本でも

出演者
板倉邦雄
コメント数
0
制作
PBA太平洋放送協会
タグ
  • 不安や恐れを感じているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.10.28
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] 使徒の働き 27章
[新約聖書] マタイの福音書 10章30、31節
放送日
2021.10.28
「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか、板倉邦雄です。今日は「髪の毛一本でも」という題でお話ししましょう。「髪の毛一本、一本、みな数えられている」とイエス様が言われたことがあります。「だから、恐れることはない。」と私たちを励ましてくださいました。
今日も、使徒の働き27章の続きです。漂流14日目の朝を迎えました。人々は、皆、緊張の連続で、ゆっくりと食事をとることもできませんでした。そこで、パウロは一同のものに勧めて言いました。「食事をとることをお勧めします。それが、あなたがたを救うことになるのです。たしかに、髪の毛一本でも、あなたがたの頭から失われることはありません。」
私たちが、健康で元気に生活し、働くことができる秘訣は三つあります。規則正しい食事、そして運動、さらに休息の三つです。漂流を続けた乗客276人に対して、これからどのような事態が待っているかわかりません。そのために、食事をして体力をつけておく必要がありました。それが、一人ひとりを救うことにつながるからです。その結果、髪の毛一本も失われることはなかったのです。
パウロは食事をとるように勧めてから、パンを取り、皆の前で神に感謝し、パンを裂いて食べ始めました。そこで、皆も元気づいて、食事をしたのです。ゆっくりと十分に食事をした後、残りの穀物を海に投げ捨てて船を軽くしたのです。
さて、ここで私たちは注目したいのです。人は、パンを食べて元気になり、生きていくことができるということです。しかし、同時にパウロに与えられた神のことばによって、人は元気になって生きることができたという現実です。
今日の箇所には、パウロのことばによって「元気づいて食事をした。」と36節に書いてあります。イエス・キリストのことばを思い出しますね。「人はパンだけで生きるものではなく、神の口から出る一つ一つのことばで生きるものである。」マタイの福音書4章4節です。さらに「あなたがたの髪の毛さえも、すべて数えられています。ですから恐れてはいけません。」マタイの福音書10章30、31節です。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ