復活の主に出会った人たち

出演者
関根弘興
コメント数
0
制作
PBA太平洋放送協会
タグ
  • 不安や恐れを感じているとき
  • 愛する人を失ったとき
  • 死や命について考えているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.09.04
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] マタイの福音書 28章9節
放送日
2021.09.04
 「世の光」の時間です。お元気でお過ごしでしょうか、関根弘興です。
 イエス・キリストは、十字架につけられ、葬られ、三日目によみがえりました。これは聖書の中心です。イエス・キリストは、復活された復活の目撃証言となったイエス様の弟子たちは、その後、どんな迫害にも屈せず、いのちがけで、イエス・キリストは復活し、今も生きておられると世界中に宣べ伝えていきました。
 聖書には、復活されたイエス様は、弟子たちをはじめ、500人以上の人たちに出会ってくださったと記されています。それでは、復活されたイエス様に最初に出会ったのは誰でしょう。それは、イエス様が埋葬された墓に香料を塗るために出ていった女性たちでした。 
 その中に、マグダラのマリアという人がいました。このマグダラのマリアは、ガリラヤ湖の南西に位置するマグダラという町の出身でした。ルカの福音書を読むと、イエスは以前に、この女から七つの悪霊を追い出されたと書かれています。ですからマリアは、医者もさじを投げてしまうような、悪質な病にかかっていて、肉体的にも精神的にも疲れきって、希望を失いながらも、かろうじて生きていたのでしょう。
 しかし、イエス様によって癒やされ、生きる力が与えられ、イエス様や弟子たちとともに行動するようになりました。マリアは、イエス様の十字架のもとにもいました。イエスさまの埋葬にも立ち会いました。そして日曜日の朝、イエス様の遺体に香料を塗るために墓に行ったのです。復活されたイエス様は、この女性たちに現れてくださいました。マタイの福音書の28章9節を見ると、こう記されています。「すると見よ、イエスが『おはよう』と言って彼女たちの前に現れた。」このように書かれています。
 復活されたイエス様は、特別なことばを語ることはしませんでした。「おはよう」と、この女性たちに普段どおりのあいさつのことばを語りかけてくださったというのです。私たちにとって復活という出来事は、荒唐無稽なことに聞こえるかもしれません。しかしイエス様にとって、復活の朝は、普通の朝でした。自分が何度も語ってきたとおりの出来事が、ただ起こっただけです。そして復活されたイエス様は、今も生きています。そして多くの弟子たちに出会い、そして今日、私たちは単純に聖書の約束を信じ生きるとき、イエス様を肉眼では見ることができなくても、出会うことができるのです。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ