バプテスマのヨハネ

出演者
山本陽一郎
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 人を許すことが出来ないとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.03.01
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] マルコの福音書 1章
放送日
2021.03.01
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか。山本陽一郎です。聖書には、個性豊かな人々が大勢出てきます。今日はバプテスマのヨハネという人を見てみましょう。
 ヨハネが生まれたのは、イエスが誕生する少し前です。最後の預言者ともいわれる彼の活動の場は荒野でした。「悔い改めなさい。天の御国が近づいたから」と言って、人々の心を、これからやってくる救い主へと向ける準備をしていました。ヨハネが語った悔い改め、それは、自分を責めて号泣するようなことではありません。悔い改めとは自分の罪に気づき、生き方を神中心に方向転換するということです。
 マルコの福音書一章には、ユダヤ地方の全域とエルサレムの住民は皆、ヨハネのもとにやってきて、自分の罪を告白し、ヨルダン川で彼からバプテスマ、すなわち洗礼を受けていたと書かれています。二千年が経った今も、ヨルダン川では人々が洗礼を受けています。そして世界中の教会で、イエスを救い主と信じた方が洗礼を受けています。
 私たちの教会では、昨年は春と夏の二回洗礼式を行いました。一回は全身をザブンと水に浸す浸礼という方法。もう一回は、頭に水滴を振りかける滴礼という方法でした。ヨハネがしていたのは前者の浸礼、ザブンの方ですね。
 ある日のこと、彼のもとに、ついにイエスがやってきました。そして、ヨハネからバプテスマを受けられました。もちろん罪のないイエスには、悔い改める必要は全くありません。でも、罪に悩む人々とともに生き、人々を罪の世界から救い出すために、イエスはあえてバプテスマを受けられたのです。後にヨハネは、権力者の罪を鋭く批判して捕らえられ、命を落としました。しかし、彼が道備えをしたイエス・キリストの福音は、ガリラヤ地方から始まって世界中に広がり、今私たちにも届けられています。
 ヨハネは、イエスを指差して言いました。「見よ、世の罪を取り除く神の子羊」。そうです。「見よ」です。このお方を見るなら、神の光が、あなたの人生にも差し込んでくるのです。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ