龍馬暗殺に関わったとされる、今井信郎

出演者
岩井基雄
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会
タグ
  • 人を許すことが出来ないとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.09.28
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ヨハネの福音書 14章6節
放送日
2020.09.28
 世の光の時間です。お元気ですか、岩井基雄です。第四月曜日は、歴史の中を歩んだクリスチャンの生涯から学んでいますが、今日は、坂本龍馬暗殺に加わった今井信郎です。
 龍馬は、慶応三年に、京都大宮で暗殺されましたが、誰の実行かは今も不明です。しかし、東京伝馬町の取り調べで、暗殺加担を自白した、京都見廻組の今井信郎たちが有力です。幕府が治安維持のために新設したのが京都見廻組で、今井は剣の達人でした。
 自白した青年の命を奪うのは惜しいと、今井の助命嘆願に動いたのが西郷隆盛でした。一命を取り留めた今井は、静岡に流されます。当時の静岡は、敗退した幕府の武士たちが開墾を行なっていました。明治5年に赦免された今井は、静岡直轄の八丈島などを経て、明治12年に、初倉村で第二の人生を始めます。元幕臣であった今井は、村人から一目置かれ、農業を指導します。この時期に彼は、キリストと出会うのです。
 静岡でのキリスト教の活動は、明治4年、アメリカ人教師、エドワード・クラークの赴任からだと言われています。まだキリシタン禁制が続く時代、旧幕臣たちはキリスト教を受け入れられず、宣教師たちを切るために選ばれたのが今井でした。しかし、聖書を開いた今井は、内容が理解できず宣教師暗殺を踏み留まります。
 ある日、今井は、取引のため横浜に向かい、現在の横浜海岸教会に入ります。攻撃の材料を得る目的でしたが、牧師の語る説教に驚きます。その教えがまさに正道だったからです。これは邪教ではないと確信した今井は、静岡に帰るや否や地元の教会を訪ねます。そしてキリストを信じ、洗礼を受け、新しい命を得たのです。
 今井は、「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。」と言われたキリストに、人生のすべてをかけるということを決意します。彼から殺気や傲慢さが消え、農業指導では、自ら肥桶を担ぐ野良仕事にも専念し、明治39年には初倉村の村長に就任します。78歳で召天するまで人々とともに歩み、キリストの愛を届続けたのです。
 キリストは、あなたにも語ります。「わたしが道であり、真理であり、いのちなのです。」ヨハネの福音書14章6節。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ