この道についての騒動(その一)

出演者
板倉邦雄
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会

もっと詳しく見る

アップロード日
2020.08.25
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] マタイの福音書 6章24節
放送日
2020.08.25
「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか、板倉邦雄です。今日は、「この道についての騒動(その一)」ということでお話ししましょう。「この道」とは、「イエス・キリストの道」のことです。この道が通るところには、必ず騒動が起こるようです。使徒の働き19章です。
 さて、エペソの町にはデメテリオという銀細工人がいました。彼は、銀で大女神アルテミスを祀っている神殿の模型を造って、商売をしている職人でした。しかも、職人を何人も抱える元締めでもありました。元締めですから、職人たちはもちろん、同類の仕事をしている者たちに、少なからぬ利益を得させながら、自分も利益が入ってきていました。ところが、二年前からやって来たパウロという人物の「イエス・キリストの道」の宣伝によって、商売は上がったりになってしまったのです。そこで、銀細工人デメテリオは、職人たちや同類の商売人を集めて演説しました。
 「諸君。われわれがこの仕事で金もうけをしていることは、ご承知のとおりだ。ところが、諸君の見聞きしているように、あのパウロが、手で造られたものは神様ではないなどと言いくさって、エペソの町ばかりではなく、ほとんど小アジア全体にわたって、大勢の人々を説得し、誤った道へ導いているのは許さん!これでは、お互いの仕事に悪評が立ち、利益になることはない。何よりも、われらが守護神アルテミス様の神殿も軽んじられ、ひいては全アジア、いや全世界が拝んでいるこの大女神様のご威光さえも、消えてしまいそうなのだ!」このデメテリオの大演説を聞くと、人々は怒りに燃えて、手を挙げ大声で「大いなるかな、エペソ人のアルテミス!」と叫び続けました。
 さて、この騒動の発端は一言で言えば、金儲けを追求する人々の不満でした。私たちは、生けるまことの神と、富や財産という偶像の神に兼ね仕えることはできないのです。
 イエス・キリストのことばです。「だれも二人の主人に仕えることはできません。一方を憎んで他方を愛することになるか、一方を重んじて他方を軽んじることになります。あなたがたは神と富とに仕えることはできません。」マタイの福音書6章24節

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ