十字架のことば②

出演者
関根弘興
制作
PBA太平洋放送協会
再生時間
5min
タグ
  • 人を許すことが出来ないとき
  • イースター

もっと詳しく見る

アップロード日
2024.03.28
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] ルカの福音書 23章
放送日
2024.03.28

いいね登録

     登録数:15

いいねリストを見る

「世の光」の時間です。お元気でお過ごしでしょうか。関根弘興です。
今週はイエス・キリストがどうして十字架につけられたのかをご一緒に考えています。イエス様の十字架上での最初のことばは、自分を十字架につけた人たちを赦してください、という祈りのことばでした。なんと大きな愛のことばでしょう。
イエス様の十字架の両脇には犯罪人がつけられていました。その一人はイエス様をあざけり「お前はキリストではないか。自分と俺たちを救ってみろ」と叫びました。しかし、もう一人は、「俺たちは自分のしたことの報いを受けているのだ。だがこの方は、悪いことは何もしていない。イエス様、あなたが御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください」そう言ったのです。
この人は、十字架につけられているイエス様を見て、「この方はみ国の位に着く方だ」と分かったのですね。不思議ですね。すると、イエス様は「あなたはきょう、わたしとともにパラダイス(天国)にいます」と約束のことばを語りました。この十字架につけられた犯罪人は、自分の愚かな犯罪によって十字架につけられました。そして、あとわずかな命を数えるだけでした。しかし、私の隣にいるこの方は、自分を十字架につけた人を呪うことをせず、この世をうらむこともせず、「父よ、彼らをゆるしてください」と祈っている、なんという方だろう、このようにすることの出来るお方は、本当の愛の持ち主であり、まことの救い主かも知れない、そのように思ったのかも知れませんね。彼は、声を振り絞って「イエス様、あなたが御国の位にお着きになるときには、私を思い出してください」と言ったのです。つまり、この方は私を永遠のみ国へと導いてくださる方だ、と告白したのです。そして、イエス様は、何とお答えになりましたか。「あなたはきょう、わたしとともにパラダイス(天国)にいます」と約束されました。この犯罪人に永遠のみ国の住まいを約束されたのです。
イエス様を信じる者は誰でも救われる、これが聖書の約束です。この犯罪人は、生前何の良い行いをしてきたわけではありません。功績をたてることも、模範になることもなかったでしょう。でも、永遠の救いを得るためには、たったひとつだけが必要なのです。それは、ただ、イエス様を救い主として信じ受け入れる、それだけです。イエス様はこの人に永遠の救いの約束を与えてくださったのです。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ