千人隊長

出演者
板倉邦雄
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.02.20
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] 使徒の働き 23章
[新約聖書] コリント人への手紙第二 13章10節
放送日
2021.02.20
 「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか。板倉邦雄です。今日は「千人隊長」という題でお話ししましょう。
 ローマの千人隊長とは、千人の兵士を束ねる指導者です。彼の下には、十人の百人隊長がいました。今日は、ローマの千人隊長クラウディウス・リシヤのお話です。使徒の働き23章の続きです。
 さて、パウロの暗殺計画の報告を千人隊長は聞きました。すると彼は、ただちに百人隊長二人を呼んで命令しました。「歩兵二百名、騎馬兵七十名、槍兵二百名をカイサリアに向けて出発できるように、今夜九時までに用意せよ。また、囚人パウロを乗せるための馬を用意して、彼をローマ総督フェリクスのもとへ無事に連れて行け。」囚人パウロは、生まれつきローマ市民ですから、ローマ法によって正当な裁判を受けさせるために、ユダヤ人たちの暗殺計画から守り護送するためでした。
 さらに千人隊長は、ローマ総督フェリクス宛てに手紙を添えたのです。「陰謀が計画されているとの報告がありましたので、私はとりあえず、彼を閣下のもとにお送りすることにし、訴える者たちには、閣下の前で、彼に対して申立てをするようにと、命じておきました。」ローマの千人隊長クラウディウス・リシヤという人物は、千人の兵士を束ねるリーダーですから、権力を持っていました。しかし、同時に権威を備えていたのです。
 権威ある人とは、尊敬でき、信頼できる人のことです。囚人パウロも、彼を尊敬していたようですね。権力のある人は権威を持たなくてはなりません。しかししばしば、権力は持っていますが、権威のないリーダーや、指導者たちがいます。権力と権威は倒すためではなく、人々を築き上げるためのものなのです。 
 聖書の言葉です。「そういうわけで、離れていてこれらのことを書いているのは、私が行ったときに、主が私に授けてくださった権威を用いて、厳しい処置をとらなくてもすむようになるためです。この権威が私に与えられたのは、建てるためであって、倒すためではありません。」コリント人への手紙第二 13章10節

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ