ハ?ウロの弁明-2

出演者
板倉邦雄
コメント数
0
制作
一般財団法人 太平洋放送協会

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.01.07
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[新約聖書] 使徒の働き 22章
放送日
2021.01.07
 世の光の時間です。いかがお過ごしですか、板倉邦雄です。昨日から「パウロの弁明」をお話ししています。今日はその二回目になります。使徒の働き22章です。
 「皆さん、私が部下たちと共に旅をつづけて、シリアの国ダマスコの近くに来た時です。真っ昼間なのに、突然、強い光が天からわたしをめぐり照らしました。馬は驚き、わたしは落馬して、地面に倒れてしまいました。その時でした。『サウロ、サウロ、なぜわたしを迫害するのか』と呼びかける声を聞いたのです。」サウロとは、パウロと改名する前の名前でしたね。「この呼びかけに、わたしはとっさに答えました。『主よ、あなたはどなたですか』すると、その声の持ち主から『わたしは、あなたが迫害しているナザレ人イエスである』という答えが返ってきたのです。」
 パウロは、強い光に照らされ、一時目が見えなくなったようですね。真っ暗闇の中で、自分を呼ぶ声を聞きました。それは今まで、自分が信じてしたがってきた主、ヤーウェという名の神の声だったのです。ですから思わず、「主よ、あなたはどなたですか」と質問しました。
 この時、その主が、ナザレ人イエスと一致したのです。十字架で死んだナザレ出身のイエスが、三日目に死人からよみがえったなどと言いふらす、イエス・キリスト信徒を許せない、真実の神が唯一であると固く信じてきたパウロでした。ところが今、復活の主なる神、イエスに出会ったのです。
 しかももう一つのことは、この復活された主であるイエスが、パウロの迫害をキリスト信徒と一緒に受けていて下さったということでした。パウロの罪、咎を、イエスは十字架の死を通して、受け止めていてくださったのです。
 そのことをパウロは今、理解できました。パウロは後日、こう言いました。「わたしがまだ弱かったころ、キリストは、時いたって、不信心な者、わたしのためにも死んでくださったのです。」
 弁明は続きます。「そこでわたしは思わず、『主よ、わたしは何をしたらよいのでしょうか』と尋ねました。すると、主イエスは言われたのです。『起きあがって、ダマスコの町へ行きなさい。そうすれば、あなたがするように決めてある事が、すべてそこで告げられるであろう。』」続く。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ