先発投手じゃなくても

出演者
山本陽一郎
コメント数
0
制作
PBA太平洋放送協会
タグ
  • 疲れているとき

もっと詳しく見る

アップロード日
2021.11.09
カテゴリ
人物・人生
聖書箇所
[旧約聖書] 創世記 章
放送日
2021.11.09
「世の光」の時間です。いかがお過ごしですか、山本陽一郎です。
小学生の頃、私は少年野球チームに入っていました。水色のユニフォームを初めて着たときは、嬉しくて、嬉しくて、バットを持って写真を撮ってもらいました。チームには、いつも試合で先発投手を務めた村上くんという先輩がいました。彼はチームの主役、まさにエースだったなあと思い出します。
旧約聖書の創世記には多くの人が登場しますが、アブラハムは間違いなく主役の一人です。また、孫のヤコブも大変劇的な人生を歩みました。
そこへいくと、イサクという人は、その2人の間で地味な存在です。彼はアブラハムやヤコブよりも長く生きましたが、聖書の中の記録は、3人の中で一番少ないのです。ある本には「平凡な人イサク」と書かれています。
しかし、それはイサクという人や、彼のしてきたことの価値が低いということでは決してありません。聖書は神について述べるとき、「アブラハム、イサク、ヤコブの神」と語っています。神は、非凡な者の神であられるとともに、平凡な者の神でもあられるのです。
それに、イサクは大切な役割を担っていました。それは「祝福を受け継ぐ」ということです。父アブラハムから信仰のバトンを受け取り、自分たちに与えられた神の祝福の約束に立って、いつも神とともに生きた。それによって、神の民は増え広がり、約束の地に生きたのです。
皆さんの中にも、数字や形では見えにくい、けれども、大切な働きをされている方々がいらっしゃることでしょう。時には、報われないと感じることもあるかもしれません。けれども、あなたのしていることは、確実に誰かを支えています。それは過去の誰かを守ることであり、今の誰かを生かすことであり、未来の誰かの祝福につながっています。
「ピッチャー、浅尾に代わりまして、岩瀬」。10年前、プロ野球で中日ドラゴンズが優勝した年、中継ぎの浅尾投手から抑えの岩瀬投手へのリレーは、最強の勝ちパターンでした。先発投手だけでなく、良い中継ぎや抑えがいることがチームにとって、どれほど重要なのかを人々は知ったのです。先発投手だけではチームは成立しません。
今日もあなたの尊い働きを「アブラハム、イサク、ヤコブの神」が、誰よりも見てくださっています。それを胸に、ご一緒に歩んでいきましょう。

コメント

番組に対するコメントはまだありません。ぜひ感想をお願いいたします。

コメントを投稿する

お問い合わせ